【プレー時間の早見表】ゴルフのラウンド時間はどのくらいかかる?

【プレー時間の早見表】ゴルフのラウンド時間はどのくらいかかる? ゴルフ

ゴルフのプレー時間はどのくらいかかるのか知りたい方へ。

ラウンド当日ゴルフ以外にも予定があるけど、プレー時間がどのくらいになるのかちゃんとわかっていない。
あと時間短縮のコツとかあれば、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

 

本記事では下記の内容を解説します。

  • プレー時間の早見表【18ホール、ハーフ、スループレー】
  • プレー時間は状況によって変動する
  • ラウンド時間短縮のコツ

 

この記事を書いている僕は毎月数回ラウンドしています。その経験とノウハウをもとに解説していくので是非、参考にしてみてください。

 

ゴルフのラウンド時間はどのくらいかかる?

ゴルフのラウンド時間はどのくらいかかる?

プレー時間の早見表【18ホール、ハーフ、スループレー】

ゴルフのプレー時間を早見表で解説します。

 

早見表は以下のとおり。

所要時間 プレー内容
18ホール 5時間~6時間 前半9ホール→昼食→後半9ホール
スループレー 4時間~5時間 前半9ホール→後半9ホール
ハーフプレー 2時間~2時間半 9ホール

※上記プレーの所要時間は、スタートからホールアウトまでの時間の目安です。スタート前の準備やホールアウト後の時間は含めていません。

 

プランとして最も一般的な18ホール(1ラウンド)のプレー時間は5~6時間ほどが目安です。また昼休憩なしのスループレーでは4~5時間ほど、9ホールラウンドのハーフプレーでは2時間~2時間半ほどが目安ですね。

 

9ホールのプレーで『2時間15分』が目安

さらに細かくいうと、9ホールのプレー時間で『2時間15分』が目安ですね。
もちろん状況によっては変動しますが、アマチュアゴルファーがラウンドすると2時間15分が平均的な所要時間かと。

 

※補足:プロゴルファーの所要時間

ちなみにプロゴルファーのプレーの所要時間は1ラウンド4時間ほどかと。そこまでアマチュアゴルファーと変わらないですね。

というのも一打一打のショットを入念に確認しているからです。もちろんアマチュアゴルファーよりも打数が少なければボールを探し回ることもありませんが、距離感や球筋などをしっかりと考えて打つのでトータルしてプレー時間があまり変わらなくなります。

 

昼食時間の目安

通常1ラウンドのプレーだと前半と後半の間に昼食休憩を挟みます。昼食休憩の時間は『1時間弱』が目安です。
とはいえ、前後の組みの進み具合によっては早くて30分、遅くて1時間30分ほと時間を取る場合もありますね。

 

※昼食の時間は選べません

昼食の時間は自由に選べません。前半が終わってクラブハウスに戻るとスタッフから昼食時間を指定されます。指定された時間に後半をスタートできるようにしましょう。

 

プレー時間は状況によって変動する

先ほどプレー時間の目安を解説しましたが、あくまでも目安なので状況によって変動します。プレー時間が変動しやすい状況を見ていきましょう。

プレーヤーの人数とレベル

プレーヤーの人数は2~4人ですが多ければその分時間がかかりますし、レベルが初級だと中~上級者と比べれば時間はかかりますね。

 

✔︎ 2サムでも割増なしのプランは多い

ゴルフは通常3~4人で回ることが一般的ですが、最近では2人(2サム)で回ることも増ましたね。しかも2サムで予約すると割増料金が発生するゴルフ場やプランもありますが、『2サム保証』の割増なしのプランもあるので、サクッと回りたい方は2サムでプレーするのもいいかと。

 

※初心者同士では回らない

初心者だけでラウンドするのは控えましょう。というのも慣れている人がいないとスロープレーになりやすく、またスロープレーになっていることすら気づかない場合があるからです。
初心者の方は慣れている中級者~上級者の方に教わりつつラウンドするといいかと。

 

ゴルフ場の混み具合

ゴルフ場の混み具合によってはプレー時間がかかることもあります。というのも前の組が詰まっていれば、待ち時間が増えるからです。ゴルフ場の予約が埋まっていたり、前のくみがスロープレーだと待ち時間が増えますね。

 

コースの難易度

コースの難易度が高ければ時間がかかりますし、難易度が低ければ比較的スムーズに進行します。というのも、難易度が高ければショットのエラーやボールを探す時間が増えたりするからです。
コースの難易度としては、フェアフェイの広さやハザード(池やバンカー)、高低差が大きいなどによって変わります。

プレー時間を短くスムーズにプレーしたい方や初心者の方はコース難易度が低いゴルフ場を予約するのもいいでしょう。

 

ラウンド時間短縮のコツ【プレーファスト】

ゴルフではスロープレーは厳禁でプレーファストで行うことがマナーです。というのも、スロープレーになると同伴者や他の組のプレーヤー、ゴルフ場にも迷惑がかかるからです。
例えば、プレーが遅くなると後ろの組の待ち時間が長くなりリズムが悪くなりプレーに悪影響することもあれば、昼食時間が遅れたり日が落ちれば最悪、最後の方の組みが回りきれないなんてこともありますね。

 

なので、他のプレーヤーに迷惑がかからないようラウンド時間短縮のコツをみていきましょう。どれも初心者の方でも簡単にできることなので、プレー中に実践してみてください。

 

常に小走りで移動する

常に小走りで移動するように心がけましょう。なぜならゴルフのプレー時間の中でも移動時間が最も長くかかるからです。
移動時間をゆっくり歩くのと小走りで歩くのとではトータル時間はだいぶ削減できるかと。

 

クラブは数本持っていく

カートから離れてボールへ向かう時は、クラブを数本持って行きましょう。その理由は、クラブの番手が違ってクラブを変えにカートに戻ることを避けるためです。
ボールの近くまで来て距離感が違ったり、ボールのライなどによってクラブを直前で変更することはよくありますね。なので数本のクラブを持っていけばカートに戻る無駄な時間は削減できます。

 

ボールを探すのは3分以内で

ボールが林の中に入ったり、長いラフに入ったりした場合に探す時間は3分以内に行いましょう。というのもルールで『ボールを探す時間は3分以内』と決まっているからです。
ボールが見つからないことを避けるためにも、同伴者の打球を見てあげたり一緒に探してあげるといいかと。

また、カラーボールでプレーすることでボールを見つけやすくなるのでカラーボールを使ってみるのもいいでしょう。
>> カラーボールの見やすさについて詳しく知りたい方はゴルフボールは何色が見やすいの?【カラーボールの特徴を解説】をどうぞ。

 

まとめ

ゴルフのラウンド時間はどのくらいかかる?の解説でした。

ラウンド時間の目安としては9ホールで2時間15分です。昼食付きの1ラウンドれあれば5~6時間ほどですね。
もちろんプレー人数やレベル、ゴルフ場の難易度や混み具合などの状況によって変動しますが、9ホール2時間15分を平均に考えるといいかと。
ゴルフではプレーファストを心がけ、時間を有効に使いつつ他のプレーヤーに迷惑をかけないようにプレーしましょう。

 

いいゴルフラウンドを!
おわり。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました