【保存版】ラウンドに必要な持ち物のまとめ |ゴルフ初心者は必見

ゴルフ

ゴルフのラウンドで必要な持ち物を知りたい方へ。

ゴルフのラウンドが初めてで、何を持っていけばいいのか、ちゃんとわかっていない。

あと、あったら便利なものとかあれば、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

 

本記事では、下記の内容を解説します。

  • ラウンドに必要な持ち物のまとめ
  • ラウンドにあったら便利な持ち物のまとめ

 

この記事を書いている僕は、プロゴルファーを目指したくらいゴルフにはまり、今でも毎月ラウンドしています。

その経験と知識をもとに解説するので、信頼性の担保につながると思います。

 

ラウンドに必要な持ち物のまとめ

ラウンドに必要な持ち物のまとめ

ラウンドに必要な持ち物リスト【保存版】

ラウンドにぜったい必要な持ち物を、リスト一覧にまとめます。

持ち物リストは、以下のとおり。

ゴルフクラブ 最大14本まで
ゴルフウェア マナー違反にならないような上下ウェア、ソックス
ゴルフシューズ ゴルフ専用シューズを用意。ゴルフ場ではたくさん歩き、足場が悪いところもあります。
帽子 キャップ、バイザー。ボールが飛んできた場合の頭の保護の役割もあります。
グローブ 使い慣れたもの
ゴルフボール 1ダースほど
ティー ロングティーとショートティー各数本
マーカー 2つ
グリーンフォーク グリーンのピッチマークを直すため
飲み物 ペットボトル2,3本
着替え お風呂上がりの着替え

 

ラウンドに必要な持ち物リストの詳細

ラウンドに必要な持ち物リストの詳細を見ていきましょう。

ゴルフクラブ

ルール上、ゴルフクラブの本数は14本までと決まっています。

なので、14本以下でもオッケーです。

クラブの種類が多ければ、距離を打ち分けやすいので14本でセッティングするのが一般的です。

 

✔︎ 初心者は少ない本数からでもOK

ゴルフ初心者は、初めから14本セッティングせずに、少ない本数からはじめるのも良いかと。

というのも、始めたばかりの頃はクラブの種類が多すぎても使いこなせないからです。

慣れてきたら徐々に、自分が使いたいクラブを揃えていくのも良いですね。
また、少ない本数でセッティングされている初心者向けの商品であれば、比較的安く購入できます。

 

ゴルフウェア

ゴルフ場によってドレスコードの決まりが厳しいところもあれば、カジュアルでもOKなところに別れますが、マナーに反しないような無難なゴルフウェアを身につけておけば良いかと

例えば、襟付きのスポーツシャツに長いパンツ、ベルト、ハイソックスであれば、ほとんどのゴルフ場では、ドレスコードに問題ないですね。

また、季節や天候に合わせて、アウターやレインコートなども用意しておくと良いでしょう。

 

ゴルフシューズ

ラウンドの際は、ゴルフ専用のシューズを使用しましょう。

というのも、芝生の上でのプレーや足場が悪いところを歩くので、安全面を考え滑りにくいゴルフシューズを履いた方がいいからです。

また、普段履いている靴でゴルフ場に入ると、雑草の種子や芝の病原菌を持ち込んでしまう可能性もありますね・・・。

 

帽子

ルール上、帽子は被らないといけないといった決まりはありません。

ただ、ほとんどのプレーヤーは被っていますね。

というのも、日差しを遮るためや安全面のためには、防止が有効だからです。

 

ゴルフボールが飛んできて、人に当たってしまう事故は過去にあります。
ボールが直接頭に当たると危険なので、普段のラウンドから帽子を被り頭の保護をのためにしておくといいでしょう。

 

ゴルフボール

ゴルフボールは、1ダース(12個)ほど持っておくといいでしょう。

特に初心者は、OBや池などに入れてボールをなくすことが多いかと。

心配であれば20個ほどあってもいいですね。

 

>> 2020年最新のボールを見たい方はゴルフボールのおすすめ13選【2020最新版】をどうぞ。

 

ティー

ティーは、ドライバーショットで使う「ロングティー」とショートコースで使う「ショートティー」があります。

ショットした後に、意外となくなりやすかったり、木製であれば折れることもあるので、各5本ほど持っておくといいでしょう。

 

マーカー

マーカーはグリーン上にボールが乗ったら、ボールの代わりに置いておく目印として使います。

ボールをグリーン上に置きっぱなしにするのは、同伴者のプレーの邪魔になるので、必ずマーカーでマークするのがマナーです。

また、ボールについた泥などがついていると、思ったところに転がらないので、マークしてボールを拾い汚れをしっかりと取るといいでしょう。

 

>> マーカーの使い方を詳しく知りたい方はゴルフマーカーの使い方【初心者はルール・マナー違反に注意】をどうぞ。

 

ラウンドにあったら便利な持ち物のまとめ

ラウンドにあったら便利な持ち物のまとめ

ラウンドにあったら便利な持ち物リスト【保存版】

ラウンドにあったら便利な持ち物を、リスト一覧にまとめます。

持ち物リストは、以下のとおり。

『年中』あったら便利な持ち物
日焼け止め 数時間野外でプレーし直射日光を浴びるので日焼け止め対策は必須
リップクリーム 口元は乾燥しがちなので、ポケットに入れておくといいかと
サングラス 目の保護のためにも普段つけない方でも持っておくと便利。まぶしさを軽減しボールが見やすい。
距離計測機 ピンまでの正確な距離が測れる
ボールポーチ 打ち直しの際にすぐ取り出せる。ボールでポケットがかさばらない。
スコアカウンター スコアのカウントし忘れ防止。初心者は打数が多くなりがちなのであると便利。
『夏場』あったら便利な持ち物
虫除けスプレー 自然豊かなゴルフ場は虫も多いので、虫刺されの防止に
冷却アイテム 熱中症対策
制汗スプレー 気になる方は汗のケアしよう
凍らせた飲み物 夏場は必須。熱中症対策で数本凍らせて持っていくといいかと。
『冬場』あったら便利な持ち物
カイロ 体が冷えるといいスイングができなくなるので、カイロがあると便利
ニット帽 頭から耳まで覆うと体感温度がグッと上がる
ネックウォーマー 首元から風が入ってこないようにネックウォーマーがあると冷えにくい
ハンドクリーム 冬場の葉空気が乾燥しているので、手の乾燥防止に
『女性向け』あったら便利な持ち物
スキンケアセット ゴルフ場に用意されていますが、普段使っているものがあれば安心
メイクセット メイクを直せるよう最低限は持参しておこう
お風呂セット ゴルフ場に用意されていますが、お気に入りのメイク落としやヘアトリートメントがあれば持参しておくと安心

 

ラウンドにあったら便利な持ち物リストの詳細

ラウンドにあったら便利な持ち物リストの詳細を見ていきましょう。

日焼け止め

日焼け止めは、日焼けでしないためだけではなく、肌を守るためにもしておくといいでしょう。

というのも、ゴルフ場は、市街地に比べ標高が高いところにあることが多いので、普段より紫外線量が多くなるからです。

また、普段から日差しに慣れていない場合は、ヒリヒリしたり炎症を起こす可能性があるので、日焼け止め対策しておくといいかと。

 

サングラス

サングラスは、紫外線対策で目を保護するだけではなく、スコアUPにもつながります。

というのも、目の疲れを軽減でき長時間のプレーでも集中力を切らさないようにできるからです。

また、飛んで行ったボールを追いやすかったり、地面の凹凸がわかりやすいなどのメリットもありますね。

 

ボールポーチ

ボールポーチは、プレーを円滑に進めるために便利なアイテムです。

というのも、予備のボールやティーやマーカーなどの小物もきれいに収納できるからです。

 

例えば、OBや池に入ってしまったら、カートに戻らずすぐにボールを取り出すことができます。

また、ティーやマーカーはポケットにまとめて入れてしまうと取りにくいですが、ボールポーチを使えば、分けて収納できるので取り出しやすいですね。

 

 

まとめ

以上で、ラウンドに必要な持ち物の解説でした。

 

ゴルフのラウンドが初めてな方は特に、何を持っていけばいいのかよくわからないと思います。

また、当日プレーに集中するためにも、必要な持ち物はしっかり揃えておきたいです。

というのも、当日にバタバタすると、プレーにも影響してきますからね・・・。

 

『必要な持ち物』と『あると便利な持ち物』を振り返りましょう。

【必要な持ち物】 【年中あると便利な持ち物】
ゴルフクラブ 日焼け止め
ゴルフウェア リップクリーム
ゴルフシューズ サングラス
帽子 距離計測機
グローブ ボールポーチ
ゴルフボール スコアカウンター
ティー 【夏場あると便利な持ち物】
マーカー 虫除けスプレー
グリーンフォーク 冷却アイテム
飲み物 制汗スプレー
着替え 凍らせた飲み物
【冬場あると便利な持ち物】
カイロ
ニット帽
ネックウォーマー
ハンドクリーム
【女性向けのあると便利な持ち物】
スキンケアセット
メイクセット
お風呂セット

上記の表を参考にしつつ、忘れ物せずにラウンドを楽しみましょう!

準備できていない持ち物があれば、ゴルフ専門のオンラインショップGDOであれば一式そろえられるので便利です。

>> GDO公式サイト

 

いいゴルフ生活を!
おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました