ゴルフボールの見やすい色・カラーはどれ?【定番7色を徹底比較】

ゴルフボールの見やすい色・カラーはどれ?【定番7色を徹底比較】 ゴルフボール

ゴルフボールは何色が見やすいのか知りたい方へ。

 

ゴルフボールの色はたくさんあるけど、果たしてどの色が見やすいのか、よくわからない。
あと、見やすい色のおすすめのゴルフボールとかあれば、ついでに知りたい。

 

と考えていませんか?

 

✔︎ 本記事の内容 ※約3分ほどで読めます

  • ゴルフボールの見やすい色とは?【定番7色を徹底比較】
  • 見やすい色のおすすめゴルフボール3選

 

この記事を書いている僕は、プロゴルファーを目指したくらいゴルフにハマり、現在でも毎週の練習・毎月ラウンドしています。

そんな僕が、さまざまな色のカラーボールを使用した経験と色の特徴や効果を徹底調査したノウハウから解説するので、信頼性の担保につながると思います。

 

ゴルフボールの見やすい色とは?【定番7色を徹底比較】

ゴルフボールの見やすい色とは?【定番7色を徹底比較】

ゴルフボールの進化とともに、最近カラーについても様々な色のボールが出てきていますね。
定番の白だけではなく、黄色やオレンジ、赤、グリーン、ピンクなどなど。さらに蛍光タイプもあればマットタイプもありますね。

 

それと同時にカラーボールが注目され使用しているプレーヤーも増えてきたかと。そこで今回はゴルフボールの定番7色を徹底比較し、果たしてどの色が見えやすいのか検証しましたので、是非じっくりとご覧くださいませ。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

結論、トータルして見えやすい色は“グリーン”

さっそく結論は、トータルして見やすい色は『グリーン』のゴルフボールです。

グリーンのゴルフボールは芝生の色と同化して見にくそうですが、逆に意外にも見えやすく、ボールのライや季節を通してどんな状況下でも見つけやすいですね。

 

具体的に、ゴルフボールが見えにくくなる状況でグリーンが見えやすい理由を見ていきましょう。

ゴルフボールがよく見えにくくなる状況は以下のとおり。

  • ラフの中
  • 枯れ葉の中
  • 空中(ボールの弾道)

 

他の色と比較しつつ、順番に解説します。

 

ラフの中

ラフが深くなればなるほど本当に見つけにくくなりますよね・・・。最も使用され見やすい白色のボールでさえも見つからない経験をした方は多いかと。

ただし、グリーンのボールはラフの中でも意外と目立ちます。
というのも、芝生の緑色と同化してしまいそうですが、ボールの人工色のグリーンと芝生の自然色の緑色とでは明度も彩度も異なるので、はっきりと目立ちやすいからです。

個人差はあるかと思いますが、深いラフの中に入っても、白色のボールよりもグリーンのボールの方が見つけやすいかと思います。

 

枯れ葉の中

言うまでもないかと思いますが、グリーン色のボールは枯れ葉の中でも見つけやすいですね。
秋・冬の植物が枯れてくると、枯れ葉の茶色や赤色、黄色など様々な色になりますが、グリーン色のボールであれば、より際立ち見やすくなります。

一方、カラーボールの定番である『オレンジ』『イエロー』は、落ち葉と同化しやすく極端に見えにくくなるかと・・・。『オレンジ』や『イエロー』『赤』色のボールは春・夏では問題ないですが、秋・冬は極端に見えにくくなるので要注意です。

 

空中(ボールの弾道)

空中といってもいろんな状況がありますね。曇り空や太陽光、朝日、夕焼けなど空中でのボールの弾道が見えにくくてどこへ飛んで行ったのか、落下地点を見失うこともあるかと・・・。

ただし、見えにくい状況の空中でもグリーン色のボールは比較的見えやすいですね。

一方、白色のボールは曇りだと雲の色と同化したり、太陽光の光で反射して見えにくかったりします。また、オレンジやイエローのボールは太陽光の色合い、特に朝日や夕日に同化しやすく見えにくいかと。

 

グリーン・緑色のボールはゴルフボールをロストしやすい「ラフの中」や「枯れ葉の中」「空中」でも、トータルして見えやすい色であることが理解できたかと思います。

とはいえ、見えやすさにはもちろん個人差はありますし、好みもあるかと思うので、次にゴルフボールの定番7色を比較解説しますね。

 

ゴルフボールの定番7色の特徴【徹底比較】

ゴルフをプレーするにあたってボールの色の違いでプレーのしやすさが異なる、といった危険をされた方も多いかと思います。

ゴルフボールのカラーを定番7色に分けて特徴を解説するので、あなたの好みのカラーボールを見つけてみてください。

 

ゴルフボールの定番7色は以下のとおり。

  • 白色(ホワイトカラー)
  • 黄色(イエローカラー)
  • オレンジカラー
  • 青色(ブルーカラー)
  • 緑色(グリーンカラー)
  • ピンクカラー
  • 赤色(レッドカラー)

 

順番に特徴を見ていきましょう。

 

白色(ホワイトカラー)

白色(ホワイトカラー)のゴルフボール
出典:Amazon

白色のボールは最も使用されている色で、定番中の定番ですね。

季節問わず、通年ボールが見やすくバランスが取れています。また、白色は周りの環境になじみやすく強調し過ぎないので、ショットする際にも集中しやすいですね。

ただし、曇り空ではボールの弾道が見えずらかったり、反射しやすいので太陽光の強さによっては反射して見えにくいこともあるかと。

>> 白色のゴルフボールを見る

 

黄色(イエローカラー)

黄色(イエローカラー)のゴルフボール
出典:Amazon

黄色のボールはカラーボールの中でもっと人気のある色です。白色のボールと同様に見やすくバランスの取れた色ですね。

芝生の緑色との相性が良く、視認性が高くて見やすいです。シニアのプロゴルファーの方もよく使用しているので、カラーボールをあまり使ったことがない方も使いやすいかと。

ただし、秋・冬にかけて植物が枯れてきたり、落ち葉の中に入ると見にくくなるので、季節によって使い分けるのもありかと。

>> 黄色のゴルフボールを見る

 

オレンジカラー

オレンジカラーのゴルフボール
出典:Amazon

オレンジ色のボールはカラーボールの中でも人気のある色です。基本的に見やすく存在感のある色合いですね。

オレンジ色は存在感があるので、ショットの際に安心感をもたらす効果が期待できます。また、温かみのある色合いはメンタルを癒してくれる効果も期待でますね。

ただし、黄色のボールと同様に秋・冬にかけては見にくかったり、太陽光の色合いと同化して空中で見にくいこともあるかと。

>> オレンジ色のゴルフボールを見る

 

青色(ブルーカラー)

青色(ブルーカラー)のゴルフボール
出典:Amazon

青色のボールは、見やすさと言う点であまりオススメできません・・・。
というのもフェアウェイやラフの中、空中でも基本的に見えにくいからです。

ただし、青色の色合いはメンタルを落ち着かせる効果や集中力を高めてくれる効果が期待できますね。

 

緑色(グリーンカラー)

緑色(グリーンカラー)のゴルフボール
出典:Amazon

先ほども解説しましたが、緑色のボールは季節問わずどんな状況下でも見やすい色です。
意外と知られていませんが、芝生の自然食の緑とゴルフボールの人工色のグリーンは同化せずに、逆に際立つので見つけやすいですね。

使用しているプレーヤーは少なめですが、初めて使用してみて見やすさにびっくりする方が多い印象です。

また、グリーンの色合いはメンタル面にリラックス効果を与え、緊張しやすいショットの場面で緊張を和らげてくれる効果が期待できますね。

>> 緑色のゴルフボールを見る

 

ピンクカラー

ピンクカラーのゴルフボール
出典:Amazon

ピンク色のボールは、特に女性に人気のある色ですね。

ピンクの色合いはバランスの取れた色で、芝生との相性も良く基本的に見やすいかと。

また、ピンク色のボールは芝生の上で大きく見えたり、重さが軽く感じることができ安心感を持てる効果が期待できます。

>> ピンク色のゴルフボールを見る

 

赤色(レッドカラー)

赤色(レッドカラー)のゴルフボール
出典:Amazon

赤色のボールは、目立つ色なので基本的に見えやすいかと。
ただし、朝日や夕日、秋・冬の季節では極端に見えにくくなりますね・・・。

赤色は興奮色なので闘争心を掻き立ててくれる効果が期待できますが、人によってはチカチカして集中力を失う可能性もあるので好みが分かれやすいかと。

>> 赤色のゴルフボールを見る

 

 

グリーン色のおすすめゴルフボールボール3選

カラーボールの中でもトータルして見やすく・見つけやすいグリーン色のおすすめゴルフボールを3つに厳選して紹介します。

意外にも見やすい色なので是非、グリーン色のゴルフボールを使って見たい方は試してみてください。

 


【ボルビック】VIVID XT AMT


カラーボールといえば『ボルビック』というくらい、見た目が鮮やかなビビットカラーが特徴です。

また、見た目だけではなく性能も申し分ありませんね。というのも世界ドラコン選手権公認球『VIVID XT』がさらに進化し、方向性と飛距離が向上してます。

 


【ボルビック】VIVID


世界初のマット仕上げの蛍光カラーボールです。先ほどの『VIVID XT AMT』の反射が気になる方はマット仕上げの『VIVID』を選ぶといいかと。

また、2020年モデルはパッティングがしやすい3本アライメントラインがプリントされていますね。

 


【本間ゴルフ】D1


ディスタンス系の定番中の定番のボール。カラーはグリーンのみの販売がないのでマルチタイプでホワイト、オレンジ、イエロー、グリーンの4色セットです。

本間ゴルフのD1のグリーン色も見やすいと評判がいいですね。グリーンのみで販売されていないのはネックですが、これからカラーボールデビューしたい方はマルチカラーで試してみるのもありかと。

 

その他のグリーン色のゴルフボールを見たい方は、下記の記事をどうぞ。

【実は目立つ】グリーン・緑色のゴルフボール人気おすすめ10選
グリーン・緑色のゴルフボールのおすすめ商品を知りたい方へ。 グリーン・緑色のゴルフボールが良いって聞いたけど、どんな種類のボールがあるか、よくわかっていない。 あと、グリーン・緑色のゴルフボールって見やす...

 

まとめ

以上で、ゴルフボールの見やすい色・カラーはどれ?の解説でした。

 

もちろん個人差はあるかと思いますが、季節問わずどんな状況でも見やすい色は『グリーン』ですね。
最近ゴルフのルールが変わり、ボールを探す時間も短くなりました。いいショットをしたのにボールが見つからない、ロストボールで一打バツなんてもったいないですよね・・・。

 

そこでグリーン色のボールを使えばなくすことも軽減されるかと。
まだグリーン色のゴルフボールを使ったことがない方は是非、この機会に見やすいグリーン色のボールを使ってみてください。

 

✔︎ 本記事で紹介したゴルフボール

 

✔︎ その他のカラーボールを見たい方へ

 

>> ゴルフボールの知識をまとめて知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

ゴルフボールまとめ【基礎知識、選び方、おすすめ商品のすべてを解説】
ゴルフボールの全知識をまとめて知りたい方向け。 当記事では、ゴルフボールの『基礎知識(構造や性能)⇨選び方⇨おすすめ商品⇨豆知識』までまとめました。限りなく網羅的にまとめましたので、これからゴルフを始める初心者の人や中級者以上...

 

いいゴルフライフを!
おわり。

タイトルとURLをコピーしました