次亜塩素酸水の濃度別に用途を表でまとめました【濃度選びの目安】

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水の濃度について知りたい方へ。

販売されている次亜塩素酸水の商品を見ると、濃度がそれぞれ違うけど、どのくらいの濃度でどこに用途できるのか、ちゃんとわからない。

あと、濃度別の使用上の注意点やおすすめ商品などあれば、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

本記事では、下記の内容を解説します。

・次亜塩素酸水の濃度と用途の一覧表
・次亜塩素酸水の濃度別の詳細
・濃度別の次亜塩素酸水のおすすめ商品

次亜塩素酸水は人体や環境に安全とは言っても、濃度を間違えて使用すれば、人体や環境に悪影響が出るリスクはあるし、除菌・消臭効果を最大限に得ることができない場合があります。

次亜塩素酸水の濃度を正しく理解して、使用方法によって希釈したり使用する濃度に合わせて選びましょう。

1.次亜塩素酸水の濃度について

1-1.次亜塩素酸水の濃度と用途の一覧表

次亜塩素酸水の濃度と用途に関する目安は、以下の一覧表の通りです。

濃度 用途
50ppm ・噴霧器での空間除菌・消臭
・キッズ用品の除菌
・ベビー用品の除菌
・ペットのエサの容器の除菌
・ペットに直接スプレー
50ppm~100ppm ・手指の除菌
・リビング(ソファ、カーテン、ラグなど)の除菌消臭
・寝室(まくら、シーツ)の除菌消臭
・トイレの消臭除菌
・靴や下駄箱の消臭除菌
・タバコの臭いの消臭
・マスクの除菌消臭
・車内の除菌消臭
100ppm~200ppm ・お肉や魚を切った包丁やまな板の殺菌
・台所のシンクや三角コーナーの除菌消臭
・台所のゴミ箱の消臭除菌
200ppm~400ppm ・お風呂のカビ対策
・ノロウイルス対策の除菌(おうと物の処理など)

 

1-2.次亜塩素酸水の濃度別の詳細

濃度『50ppm』の次亜塩素酸水

<用途の例>
・噴霧器での空間除菌・消臭
・キッズ用品の除菌
・ベビー用品の除菌
・ペットのエサの容器の除菌
・ペットに直接スプレー

濃度『50ppm』は、空間除菌や子供・赤ちゃんのおもちゃ、ペットなどの人体やペット抵抗力が弱いところに負担がかからずに、安心して使える濃度の目安です。

厚生労働省が定めている、食品添加物として使用を認めている次亜塩素酸水の濃度は10ppm~80ppmで、殺菌効果や安全性を確認しています。

人体やペット、環境に負荷がなく、より安心して使用したい場合は、濃度50ppmを使用しましょう。

 

※空間除菌について

空間除菌で使用する際は、吸い込むことが予想されるので、50ppmくらいの低濃度で使用すること。

また、次亜塩素酸水の市販されている商品で、人体に有害な成分が入っていないことも確認した方が安全に使用できる。

できれば、メーカーで噴霧できる濃度にすでに調整されたもので、加湿器などでたくことを認可しているメーカーの商品を選ぶことをオススメします。
>>除菌水ジーア公式サイト

濃度『50ppm~100ppm』の次亜塩素酸水

<用途の例>
・手指の除菌
・リビング(ソファ、カーテン、ラグなど)の除菌消臭
・寝室(まくら、シーツ)の除菌消臭
・トイレの消臭除菌
・靴や下駄箱の消臭除菌
・タバコの臭いの消臭
・マスクの除菌消臭
・車内の除菌消臭

濃度『50ppm~100ppm』は、よく使用される濃度で、普段の生活での用途も幅広い。

ウイルス対策に効果的な手指の除菌や洗うことができないソファなどの除菌消臭、マスクの除菌消臭など、ありとあらゆるところの除菌消臭が安全にできます。

※除菌と消臭までできるのが次亜塩素酸の特徴でもあり、臭いのもととなる物質を変化させることで消臭できます。

消臭剤でよくあるような匂いをつけて、気になる臭いをごまかすのではないので、もとから消臭でき、消臭剤の独特な匂いが気になる方にもオススメ。

 

濃度『100ppm~200ppm』の次亜塩素酸水

<用途の例>
・お肉や魚を切った包丁やまな板の殺菌
・台所のシンクや三角コーナーの除菌消臭
・台所のゴミ箱の消臭除菌

濃度『100ppm~200ppm』は、より臭いが気になるところや、除菌殺菌をしっかりしておきたい台所などで使用するのが目安です。

使用した包丁やまな板は、洗剤でよく汚れを洗い流してから、仕上げに次亜塩素酸水をスプレーで吹きかけたり、つけ置きするのが効果的です。

次亜塩素酸水は、有機物に触れるとすぐに反応して水に変化するので、表面に汚れが残っていると奥にいる細菌やウイルスまで除菌殺菌できないからです。

※アルコールでは殺菌できない、食中毒の原因になるノロウイルスに関しても、次亜塩素酸水は除菌殺菌効果があるので、台所での使用は有効的です。

 

濃度『200ppm~400ppm』の次亜塩素酸水

<用途の例>
・お風呂のカビ対策
・ノロウイルス対策の除菌(おうと物の処理など)

濃度『200ppm~400ppm』は、家庭向けに販売されている中で、高濃度の次亜塩素酸水になります。

お風呂のカビなどの菌や、ノロウイルスの対策としておうと物の処理をする際に高濃度の次亜塩素酸水を使用して、菌やウイルスをしっかり殺菌します。

上記のような用途の場合は、次亜塩素酸水の量も多く必要なので、水滴がしたたるくらいびしょびしょになるように使用しましょう。

 

2.濃度別の次亜塩素酸水のおすすめ商品

濃度『50ppm』の次亜塩素酸水の商品

【OX】

・Amazon評価:⭐︎4.3(176個の評価)※2020年6月
・濃度:50ppm
・液性:微酸性(pH5.2〜5.8)
・使用期限:製造日より1年

 

【LUPICLIN】

>>商品の詳細は次亜塩素酸水『LUPICLIN(ルピクリン)』手指消毒・加湿器に使えます!をどうぞ。

・濃度:50ppm
・液性:pH5.0〜6.5
・使用期限:開封後3ヶ月
・ご注文日に作られ、新鮮な状態で届く
・商品(500mlスプレーボトル、10L BOXタイプ、20L BOXタイプ)

 

濃度『100ppm』の次亜塩素酸水の商品

【A2Care】

・Amazon評価:⭐︎4.4(155個の評価)※2020年6月
・濃度:100ppm
・ ANAの機内や空港ラウンジでの使用されている

 

濃度『200ppm』の次亜塩素酸水の商品

【ジアムーバー】

・Amazon評価:⭐︎4.3(44個の評価)※2020年6月
・濃度:200ppm
・液性:弱酸性
・ご注文後に生成し発送で新鮮な状態

 

濃度『500ppm』の次亜塩素酸水の商品

【ジアニスト】

・Amazon評価:⭐︎4.3(1,015個の評価)※2020年6月
・濃度:500ppm
・液性:pH5.8
・消費期限:未開封で冷暗所での保管で約3ヶ月
・第三者機関の試験

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました