『沈黙のWebライティング』の感想・レビュー【ブロガーの必読書】

『沈黙のWebライティング』の感想を知りたい方へ。

現在、ブログやWeb関係の仕事をしているけど、『沈黙のWebライティング』の本を読む価値はあるのか、よくわかっていない。

あと、本で得られた知識は実際にブログなどで活かすことができるのか、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

 

本記事では、下記の内容を解説します。

・『沈黙のWebライティング』の基本情報
・『沈黙のWebライティング』の感想・レビュー
・『沈黙のWebライティング』の注意点

 

この記事を書いている私は、専業のブロガーで毎日ブログを書く生活をしていて、毎日更新を180日以上しています。

ブロガーの視点から解説するので、信頼性の担保につながると思います。

 

『沈黙のWebライティング』の感想・レビュー

『沈黙のWebライティング』の基本情報

✔︎ 基本情報

【著者】 松尾茂起
【作画】 上野高史
【総ページ数】 631ページ
【発売日】 2016年11月11日

 

✔︎ 目次

【01】 SEOライティングの鼓動
【02】 解き放たれたUSP
【03】 リライトと推敲の狭間に
【04】 愛と論理のオウンドメディア
【05】 秩序なき引用、失われたオマージュ
【06】 嵐を呼ぶインタビュー
【07】 今、すべてを沈黙させる・・・!!
【エピローグ】 沈黙のその先に

 

✔︎ あらすじ

両親を亡くしてしまった「宮本サツキ」と弟の「ムツミ」がみやび屋という旅館の経営を引き継ぐが、お客様は減る一方で経営困難になる。経営の再建のためにWebサイトの改善を試みる中、みやび屋にお客様として世界最強のWebマーケターの「ボーン・片桐」があらわれ、手伝ってくれることとなる。
大手のタオ・パイ社の邪魔が入るも、ボーン・片桐のアドバイスのもとサツキとムツミは試行錯誤を繰り返し、Webサイトの改善により、みやび屋の再建を図るストーリー。
ストーリーの中にSEOの知識やライティングスキルが盛り込まれています。

 

 

『沈黙のWebライティング』の感想・レビュー

ブロガーとして『沈黙のWebライティング』を読んでみて、個人的な感想ですが参考になれば幸いです。

 

感想①:とにかく読みやすい

総ページ数が631ページと気が引けるかもですが、安心してください!とにかく読みやすいので、あっという間に読めてしまいます。

なぜなら、マンガ調でサクサクと読みやすく、ストーリ自体も面白いのですぐに読み終えてしまうかと。

さらに、著者の松尾茂起さんはライティングのプロなので、文章や言葉遣い、装飾、構成がとにかく読みやすく、本の内容の知識だけではなく『沈黙のWebライティング』の本自体を読むだけでも勉強になります。

 

感想②:SEO・ライティングの本質が学べる

ブログやWebの仕事において重要な、SEO、ライティングの本質が学べます。

とても重要な本質部分が、しっかりとわかりやすく書かれているので、発売されてから4年近く経ちますが、今でも売れ続けているのではないかと。

『本質』は時が流れても、変わらないもので重要だからですね。

 

例えば、『文章を読んでもらうために必要な3つの視点』を以下のとおりまとめています。

①感情表現を入れ、自分事化による“共感”を誘発する
②伝えたいことがきちんと伝わるよう、 “見やすさ” や “わかりやすさ” にこだわる
③ファーストビュー(冒頭文)で、伝えたいことをまとめる

引用:『沈黙のWebライティング』p236

 

感想③:手元に置いておくべき1冊

ブログやWeb関係の仕事で稼ぎたいのであれば、『沈黙のWebライティング』の本は手元に置いておくべき本かと。

わかりやすく簡単に読めてしまいますが、 ”高度なスキル” や ”深いノウハウ” が凝縮されていて、1度読んだだけでは決して習得できないからです。

また、マンガ調とは別にポイントが数ページ(ヴェロニカ先生の特別講義)にしっかりとまとめられているので、見返す時もわかりやすく、すぐに必要な箇所を見つけることができるかと。


※『ヴェロニカ先生の特別講義』が重要なポイントをわかりやすくまとめてくれています。

 

『沈黙のWebライティング』の注意点

注意点を2点だけ見ておきましょう。

注意①:ストーリーはWebでも読める

『沈黙のWebライティング』のストリーはWeb上に掲載されているので無料で読むことができます。

しかし、本にはWeb上には無い『エピローグ』と『特別講義』があります。

『特別解説』がSEOやライティングの知識やスキルをまとめているので、本で読まないと意味ありませんね。

 

Web上では、本の購入前にどうしても気になる方は、どんな感じかだけ見ておくのは良いかなと、、、

ただ、本を買ってからのお楽しみの方がワクワクして良いですね!

 

注意②:『沈黙のWebライティング』は続編

『沈黙のWebライティング』は『沈黙のWebマーケティング』の続編です。

順番に読みたい方は、先に『沈黙のWebマーケティング』から読みましょう。

 

ただ、『沈黙のWebライティング』から読んでも問題ありません。

私も、『沈黙のWebライティング』から読みましたが、問題なかったので大丈夫です。

 

 

まとめ:『沈黙のWebライティング』は安い

『沈黙のWebライティング』の感想・レビューの解説でした。

本の価格は、2,000円くらいしますが、正直やすいですね。

著者の松尾茂起さんのWebライティングのスキルからSEOの知識まで、本質をしっかり学ぶことができるからです。

知識やスキルを身につければ、本の2,000円なんてすぐに回収できるかと。

 

この機会にぜひ読んで、実戦で活かしていきましょう。

おわり。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました