【がんばる人ほど足がクサイ】足の臭いの原因と対策|靴を気にせず脱げる

未分類

足の臭いの原因と対策を知りたい方へ。

立ち仕事をしていて足の臭いが気になるけど、なんかクサイ臭いが消えないし、対策とかできていない。

あと、おすすめの足の臭いを消せる商品とかあれば、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

 

本記事では、下記の内容を解説します。

  • 足のクサイ臭いの原因
  • 足のクサイ臭いを消す対策
  • 足の臭い対策のおすすめ商品

 

この記事を書いている僕は、接客業をしていて、スーツに革靴で、常に立ち仕事でした。

足の臭いは、正直くさかったですね・・・。
とはいえ、今はクサイ臭いは気にならなくなりました。

その経験とノウハウをもとに解説するので、信頼性の担保につながると思います。

 

足のクサイ臭いの原因

足のクサイ臭いの原因

足のクサイ臭いの原因は”雑菌”

足のクサイ臭いの主な原因は、雑菌です。

というのも、足にはもともと雑菌が住みついていますが、皮脂や角質、垢を分解することで、クサイにおいの元となる物質が作られるからです。

さらに、足は雑菌が繁殖しやすい条件がそろっているので、足の臭いが気になる方は多いかと。

 

✔︎ 雑菌が繁殖しやすい条件は以下のとおり

  • 足は汗をかきやすい:雑菌のエサとなる皮脂や角質が含まれる
  • 足は角質がたまりやすい:雑菌のエサ
  • 靴の中は高温多湿:雑菌が繁殖しやすい環境

順番に見ていきましょう。

足は汗をかきやすい

足は汗をかきやすいです。1日でコップ1杯分の汗をかくとも言われますね・・・。

その理由は、足の裏には1平方cmあたりに300個も汗腺があり、その数は背中の5~10倍ほどあるからです。

また、靴下や靴では通気性が悪く、汗をかいても蒸発せず、さらに汗をかきやすい状況になります。

 

足は角質がたまりやすい

足は角質がたまりやすいです。

というのも、足は常に体重を支えていて、角質が厚くなりやすかったり、硬くなるからです。

特に、立ち仕事の方は一日中、足に体重がかかっているので、より角質がたまりやすいかと。

 

また、常に体重を支えて溜まった角質は、ただお風呂に入っただけではなかなか落ちないので、日頃のケアが大事ですね。
※ 角質の対策は、のちのち解説しています

 

靴の中は高温多湿

靴の中は、高温多湿になりやすい環境です。

なぜなら、足は靴下や靴で全体を覆われ、かつ隙間が少ないため湿気がこもりやすいからです。

例えば、湿気がこもりやすいと言われる、革靴においては湿度が90%以上となることも・・・。

 

疲労による臭い

雑菌が原因のにおい以外に、『疲労臭』といわれる臭いがあります。

体に疲労が蓄積された時にでる臭いで、アンモニアが原因となったツンとした臭いがします。

 

というのも、体が疲労することで、アンモニアを分解する働きがある「肝臓」が弱るからです。

本来アンモニアは、肝臓によって分解され、尿として排出されます。

しかし、肝臓が弱ると機能が低下し、アンモニアがうまく分解されずに全身を循環し、汗に混ざって排出されます。

 

✔︎ 疲労臭が発生しやすいケース

  • 過労気味
  • ストレスが多い
  • お酒の飲み過ぎ など

 

✔︎ 疲労臭がしやすいのは足

疲労臭が強い傾向があるのは、足の裏です。

その理由は、血行が悪くなると足がむくんで血液や老廃物が、下に溜まりやすくなるからです。

特に、立ち仕事をしている足は血行が悪くなり、毒素であるアンモニアも老廃物として、足に溜まり『疲労臭』の臭いがしやすいですね・・・。

 

足のクサイ臭いを消す対策

足のクサイ臭いを消す対策

足のクサイ臭いを消す対策を5つに分けて解説します。

5つの対策は、以下のとおり。

  • 足を清潔にする
  • 靴のケア【湿気を取り除く】
  • 靴下でケア
  • 消臭ケア
  • 規則正しい生活

順番に見ていきましょう。

 

足を清潔にする

対策の基本として、まずは足を清潔にすることが大事です。

というのも、さまざまなケアグッズがありますが、臭いのもとをケアすることが1番大事だからです。

 

足を清潔にするポイントは以下のとおり。

  • お風呂で足をよく洗う(固形石鹸がおすすめ)
  • こまめに足を洗う(習慣に!)
  • 洗ったあとはしっかり水気をとる

 

お風呂で足をよく洗う(固形石鹸がおすすめ)

当たり前ですが、まずはお風呂でしっかりと洗いましょう。

特に、汚れがたまりやすい「指と指の間」や「爪の間」はしっかり洗うように心がけるといいかと。

 

また、多くの方はボーディーソープで足を洗っているかと思いますが、従来からある『固形石鹸』で洗う方がいいですね。

というのも、ボーディーソープの中には多くの保湿成分が含まれていて、洗ったあとの足がしっかりと乾くのを妨げてしまうからです。

さらに、”足専用”の固形石鹸を使用してみるのもいいかと。
※ 足専用の固形石鹸の紹介はのちのちあります

 

こまめに足を洗う

こまめに足を洗う習慣をつけておくといいでしょう。

お風呂に入って洗うのはもちろんで、外出先から帰宅したら足を洗うといいかと。

普段から、足を清潔に保てるように心がけることが大事です。

 

洗ったあとはしっかり水気をとる

足を洗ったあとは、清潔なタオルでしっかり水気をとりましょう

その理由は、足に水分が残っていると、雑菌の繁殖につながるからです。

指と指の間や爪の間の水気を、残さないようしっっかりふき取ってください。

 

また、足がしっかり乾いてから、スリッパや靴下をはくことも大事ですね。

 

靴のケア【湿気を取り除く】

靴の湿気を取り除くことが大切です。

というのも、先ほども説明しましたが、雑菌は高温多湿の環境を好み、よく繁殖してしまうからです。

 

湿気を取り除くためには、同じ靴を毎日はくのではなく、2日ほど休ませるといいでしょう。

とはいえ、日替わりで変えれるほど靴がない方もおられるかと思うので、その場合は重曹や炭を靴の中や靴箱に入れておくのも効果的です。

 

✔︎ 補足:サイズの合わない靴はNG

靴のサイズが、大きすぎたり小さくて合っていないと、臭いの原因になります。

というのも、合わない靴は足を動かしにくくなり、筋肉をより動かし、余計な汗をかくからです。

また、大きすぎる靴だと、隙間に空気がただよい、湿気が逃げずらくなりますね・・・。

 

靴のサイズが合っていなければ、靴の買い替えを検討するのもいいかと。

 

靴下でケア

靴下選びで、足が蒸れにくいケアをするといいでしょう。

というのも、靴下によっては、通気性が悪く足が臭くなりやすいからです。

 

例えば、靴下の素材が「化学繊維」のものよりも「天然繊維」のものの方が、通気性がいいですね。

また、5本ゆびタイプの靴下もおすすめです。指が1本1本に布がフィットするため、指の間の蒸れを防ぐ効果があります。

さらに、足の臭い対策に、消臭効果のついた靴下も検討してみるのもいいでしょう。

 

消臭ケア

日々のケアをしっかりしつつ、応急処置としての消臭ケアを準備しておくのもいいかと。

というのも、「仕事終わりに急に飲み会に誘われた、しかも座敷!?」なんてこともあるかと思うので、気になる臭いを今すぐ対策できるようにしておくためです。

 

制汗スプレーや消臭殺菌スプレー、シート、クリーム、ジェルなど、臭い対策できるグッズはたくさんありますね。

 

規則正しい生活

「疲労臭」をださないために、規則正しい生活を心がけましょう。

というのも、先ほども説明しましたが、疲れやストレスがたまると、疲労臭が強くなるからです。

食事や睡眠時間の確保や適度なリフレッシュをするといいかと。

 

特に、仕事をがんばり過ぎるあなたは、要注意ですね。

 

足の臭い対策のおすすめ商品

足のクサイ臭いを消すおすすめ商品

足の臭い対策のおすすめ商品3選


アニセ薬用石鹸


アニセ薬用石鹸

『アニセ薬用石鹸』は、足の臭い対策にはいいいと言われる、固形石鹸タイプで、かつ足専用に作られ、足の古い角質や皮脂を洗い流してくれます。

また、厚生労働省が許可した「医薬部外品」の承認を取得している商品で、効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されていることが保証されていますね。

さらに、消臭石鹸10商品を対象にしたサイト比較調査(ゼネラルリサーチ)で、口コミ満足度第1位の実績もあるので、効果に期待できるかと。

>> 【アニセ薬用石鹸】公式サイト

 


菌ピタ君【消臭インソール】


菌ピタ君【消臭インソール】

菌ピタ君は、靴の中に入れる中敷(インソール)で、雑菌を繁殖しにくい環境を作ってくれます。

また、備長竹炭を使用し、一度吸着した湿気や雑菌のエサとなる汚れを、日干しすることで放出することができ、半永久的に使用できます。

>> 【菌ピタ君専門店

 

 


ティノン【デオドラントクリーム】


ティノンは、足のにおい・蒸れをケアできるデオドラントクリームです。

女性にうれしいかわいいデザインに、新発想の美容保湿系クリームなので、乾燥を防ぎつつ、足の臭いや蒸れをケアできます。

>> 【ティノン公式サイト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました