ホワイトニングの値段の相場はいくら?【私は45,000円でした】

ホワイトニング

ホワイトニングの値段はいくらくらいするのか知りたい方へ。

ホワイトニングをしたいけど、値段がどれくらいするのか、ちゃんとわかっていない。

あと、ホワイトニングの種類や特徴があれば、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

 

本記事では、下記の内容を解説します。

1.ホワイトニングの値段の相場
2.ホワイトニングの種類と特徴
3.私がしたホワイトニングは45,000円

この記事を書いている私は、実際にホワイトニングをしました。その経験をもとに解説するので、信頼性の担保につながると思います。

1.ホワイトニングの値段の相場

ホワイトニングをしようと考えるときに、気になるのはやっぱり値段についてですよね。この章では、ホワイトニングの値段の相場や、金額の違いなどについて解説します。

1-1.ホワイトニングの値段の相場

ホワイトニングは主に3種類に分けられ、そのそれぞれの値段の相場は、

・ホームホワイトニング :15,000~30,000円
・オフィスホワイトニング:15,000~50,000円
・デュアルホワイトニング:60,000~80,000円

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、ホワイトニングの中でも比較的安くできるケアになります。

歯科医院でマウスピースを作成してもらい、自宅でマウスピースに薬剤をつけ装着してケアする方法で、自宅で簡単にできます。

値段が安い理由は、マウスピースの作成と薬剤の料金のみで、ケアは自分でできることや、歯科医院で在庫を大量に安価に仕入れることで、そのぶん治療費を抑えられているところもあるからです。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは15,000~50,000円くらいと値段の幅が広いです。

理由は、通院回数の違いや、薬剤の種類、ライト・レーザーの種類によって金額の差があるからです。

歯科医院で行うホワイトニングで、歯科医師が施術してくれ、薬剤を直接歯に塗った後に、ライトを照射してケアする方法です。治療時間は、一般的に1時間程度で、1~2週間おペースで1~4回通院してケアをしていきます。

デュアルホワイトニング

ホワイトニングの中で、最も高価なケアです。ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを組み合わせたケアなので、価格も高価になります。

高価な分もちろん効果も最大級で、歯の白さをとことん追求したい人や、芸能人のような歯の白さを目指したい方向けです。

1-2.ホワイトニングは保険適用外

ホワイトニンングの治療は、保険が適用されません。

自由診療のため、歯科医院などが独自の価格設定にできるため、値段の相場はしっかりと把握しておくことが大切です。

お住まいの近くで、実績などから安心できる歯科医院を探して、価格などもチェックしてみてください。

1-3.セルフホワイトニングとの違い

セルフホワイトニングは、ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングとは、別の種類のホワイトニングと考えて良いでしょう。

セルフホワイトニングは、歯科医師や衛生士はおらず、資格がなくても扱える「ポリリン酸」や「メタリン酸」、「酸化チタン」などを使用し、漂白剤は使用せずに歯の表面の汚れを落とす目的で行います。

ケアは自分で行いますが、専門のスタッフのレクチャーを受けることはできます。

また、値段の相場は、1回5,000円程度と、安価な価格で数回通院して、歯をキレイにしていくやり方です。

2.ホワイトニングの種類と特徴

3種類【ホーム・オフィス・デュアル】ホワイトニングのそれぞれの特徴を解説します。

2-1.ホームホワイトニング

その名のとおり、自宅でできるホワイトニングです。歯科医院で歯形を取り、マウスピースを作り、自宅で薬剤をマウスピースにつけて装着し、ホワイトニングを行います。

メリット
・色の持続性は高い
・だんだんとゆっくり白くなる
・好きなときに辞め、色を調整できる
・何度も歯科医院にいく手間がかからない
・自宅で簡単にできる
・低濃度の薬剤で安心
デメリット
・効果が出るのに1~2週間はかかる
・使用期間が長い(2~4週間)
・食事制限
・毎日2時間以上を目安に行う
・マウスピースの装着

通常、1日数時間、2~4週間の間、マウスピースを装着しホワイトニングします。オフィスホワイトニングと比べて、効果が出るのに時間はかかりますが、低濃度の薬剤を使用するので、安全に自宅でも簡単にでき、ゆっくりと歯に浸透させていくので、効果が持続し、メンテナンスの費用も抑えられる。

効果が出るまで、自分でケアを続けることが必要、ケア期間中はコーヒーなどの色がつきやすい飲食は控えたほがいいなど、手間はあります。

急に白くなると、周りからの目が気になる方は、ゆっくり自然な白さを得られ、自分の好みの色になったら好きなタイミングで辞めることもできるので、色のコントロールができる。

2-2.オフィスホワイトニング

歯科医院に行き、歯科医師・衛生士の手で、専用の薬剤とレーザーを使用して歯を白くします。有資格者にしか取り扱いができない薬剤を使用し、薬剤を活性化させる専用機器を用いた本格的なケア。

メリット
・即効性がある
・自分でする手間がない
・1回で変化を実感できる
・歯科医師、衛生士がしてくれるので安心
・施術中にしみるなどの症状が出てもすぐに対処できる
デメリット
・高濃度の薬剤なのでしみることも
・ホームホワイトニングと比べやや色が戻りやすい
・数回、医院に通う手間

歯科医師・衛生士による施術のため、ホームホワイトニングに比べて高濃度の薬剤が使用でき、さらに薬剤の作用を高めるために光を照射するため、1回の施術でも歯の色に変化を実感できる。

ホームホワイトニングのように、毎日自分で行うのは、生活習慣上むずかしい方におすすめの方法。

2-3.デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを組み合わせて行うケアです。

歯科医院での施術により短時間で白くした後に、自宅でも繰り返しケアを行うことで、オフィス・ホームホワイトニング単独では得られない白さを追求します。

メリット
・即効性がある
・持続性がある
・白さを追求できる
・定期的なクリーニング
デメリット
・高額になる
・医院に行く手間がかかる
・家での手入れの手間がかかる

ホーム&オフィスを組み合わせ、漂白作用が強く、持続期間が長いという、2つのいいとこ取りをしたホワイトニングの方法。オフィスホワイトニングだけをした人と比べても、ひときわ白い歯を手に入れることができます。

ただし、ホームもオフィスホワイトニングの2つとも行うので、高額になります。

3.私がしたホワイトニングは45,000円

3-1.ホームホワイトニング概要

私は、ホームホワイトニングをしました。そのおおまかな内容を紹介しますので、ホワイトニング選びの参考になれば幸いです。

期間:1ヶ月間(3月27日~4月27日)
頻度:毎日就寝時に
値段:45,000円

1ヶ月間で、満足のいくぐらい、白くなりました。その効果の写真が以下の通りです。

 

3-2.ホームホワイトニングを選んだ理由

ホームホワイトニングを選んだ理由は、主に3つで、

  • 持続性が高い
  • 他と比べて価格が安い
  • 色が調整しやすい

低濃度でじっくり歯の内部に浸透しながら、白くしていくのでそのぶん持続性があり、価格も他のホワイトニングから比べて安い。

また、芸能人みたいに歯が白くなりすぎても違和感があるかと思ったので、徐々に白くなっていくので、途中で好きな色になったらいつでも辞められるのも選んだ理由です。

3-3.ホワイトニングは生活リズムやスタイルで選ぶ

私は、ホームホワイトニングを選びましたが、それぞれの生活リズムやスタイルで選ぶのが、一番いいと思います。

毎日決まった時間にホワイトニングできない忙しい方や、結婚式やパーティーなどのイベントが近くにある方は、即効性の高い「オフィスホワイトニング」がおすすめです。

また、歯の白さをとことん追求して、できる限りはを白くしたい方は、「デュアルホワイトニング」がおすすめです。

それぞれの生活リズムやスタイルで、自分に合ったホワイトニングを探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました