【元家具販売員が解説】ワタリジャパン (HTL)のソファの評判とは

【元家具販売員が解説】ワタリジャパン (HTL)のソファの評判とは 家具

ワタリジャパン(HTL)のソファの評判について知りたい方へ。

ワタリジャパンのソファを検討しているけど、実際ソファの品質はどうなのか、よくわからない。

あと、ワタリジャパンはどんなメーカーなのかもあれば、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

 

本記事では、下記の内容を解説します。

・ワタリジャパンってどんなメーカー?
・ワタリジャパンのソファの評判

 

この記事を書いている私は、大手家具販売店に5年以上にわたって勤めてきました。

ソファの責任者で、ワタリジャパンのソファを数多く販売しましたし、中国にある工場を現地まで行って見学させてもらいました。

その経験と知識をもとに解説するので、信頼性の担保につながると思います。

 

ワタリジャパンってどんなメーカー?

ワタリジャパンってどんなメーカー?

『ワタリジャパン』はトップブランドのソファメーカー

ワタリジャパンは「HTL Japan」とも言われ、「ワタリ」や「HTL」と略されて呼ばれることが多いです。

ワタリジャパンは、皮革(革張り)のソファメーカーとして設立された、多国籍企業です。

というのも、本部をシンガポールに置き、中国・イタリア9ヶ所に製造設備を持っています。
また、世界60ヶ国以上に輸出し、ソファの本場であるヨーロッパでも販売されていますね。

ワタリジャパンは、世界でトップブランドのソファメーカーです。

 

ワタリジャパンのソファの評判

ワタリジャパンのソファの評判

ワタリジャパン のソファの評判を、『いい評判』と『悪い評判』に分けて解説します。

 

いい評判

ワタリジャパンのソファのいい評判を見ていきましょう。

いい評判の概要は、以下のとおり。

・本革ソファといえば『ワタリジャパン』
・本革だけど金額がとにかく安い
・取扱店が多い
・ボリュームがあり高級感がある
・包まれるような座り心地
・中国工場はキレイでした

順番に見ていきましょう。

 

本革ソファといえば『ワタリジャパン』

本革ソファといえば『ワタリジャパン』というくらい、知名度が高いです。

というのも、国内のソファメーカーの中で、本革に特化して作っているところがほぼないからです。

 

もちろん本革のソファを作っているところはありますが、主にファブリック(布)や合成皮革のソファをメインにしています。

本革に特化したソファメーカーとしては、まず初めに名前が上がるのは『ワタリジャパン』ですね。

 

✔︎ 補足:ファブリック(布)ソファもあります

ワタリジャパンは、本革ソファメインのメーカーですが、ファブリックソファも一部作っています。
割合でいうと、ソファ全体の「本革が9割以上」で「ファブリックが1割以下」ですね。

 

本革だけど金額がとにかく安い

本革ソファは高価な商品が多いですが、ワタリジャパンの本革ソファは、他のメーカーと比較してとにかく安いです。

国内のメーカーで総本革ソファの価格は50万くらいはしますし、半革(表だけ本革で裏は合成皮革)のソファでも20万~30万くらいはします。

一方、ワタリジャパンの総本革のソファは10万円代から購入できるのでとにかく安いです。

 

✔︎ なぜ、そんなに安いの?

先ほども解説しましたが、製造設備が9ヶ所もあり、革の加工から組み立て、検品、輸送などを自社で行うことが出来ているからです。
また、世界60ヶ国以上に輸出しているくらい、ソファの量が多いので、まとめて製造することでコストを抑えつつ効率よく製造できますね。

 

取扱店が多い

ワタリジャパンのソファは、取り扱いのあるお店が多いです。

というのも、人気がありよく売れるからです。

 

例えば、ニトリや大塚家具、東京インテリアにもワタリジャパンのソファがたくさん展示されていますね。(※ニトリでは、電動リクライニングソファのみ)

また、楽天市場でもお買い得なソファが販売されていますね。

 

>> ニトリの渡じゃおあんの電動ソファを見てみたい方は、下の記事をどうぞ

ニトリの電動ソファ全シリーズを徹底比較【特徴・保証・お得な買い方】
ニトリの電動ソファをまとめて知りたい方へ。ニトリの電動ソファが良いって聞いたけど、どんな商品があるのか、まとめて知りたいなぁ。あと、それぞれの電動ソファの特徴とかあれば、ついでに知りたい。と考えていませんか?✔︎ 本記事の内容

 

ボリュームがあり高級感がある

ワタリジャパンのソファの特徴としては、ボリュームがあり高級感を感じられます。

国内メーカーにはない、海外のデザインで製造されているからです。

 

奥行きの深さやクッションのボリューム、ソファ全体の形状が国内のメーカにはない、ボリュームと高級感を感じることが出来ます。

お部屋に置けば存在感があり、雰囲気もガラッと変わるでしょう。

 

包まれるような座り心地

座り心地は、やらかめが多いです。

ほどよく沈み込み、包まれるような座り心地です。

もちろん知りリーズによって、座面の固さは異なりますが、国内メーカーと比べ柔らかめが多いです。

 

中国工場はキレイでした

中国にある製造工場を実際に行き、見学してきましたが、向上は想像以上にキレイでした。

几帳面な性格の日本と比べれば、汚いだろうなと思っていましたが、そんなありませんでした!

 

国内のソファメーカーの工場もいくつか見学してきましたが、国内よりもキレイなくらい管理されていましたね。

また、ソファの製造の工程や管理、ソファの中みも見学できましたが、しっかりと品質管理されていた印象です。

 

悪い評判

次に、ワタリジャパンのソファの悪い評判を見ていきましょう。

悪い評判の概要は、以下のとおり。

・細部の仕上げは国内メーカーに劣る
・小柄な方には座り心地が合わない
・革のシワが気になる
・座面のヘタリが気になる

順番に見ていきましょう。

 

細部の仕上げは国内メーカーに劣る

国内トップのメーカーの「カリモク」や「浜本工芸」と比べると、細部の仕上げは劣るところもあるかなと。

革の縫製のズレやクッションの中身の詰め物の量の違い、背もたれの高さがシートごとに若干違うなどです。

 

とはいえ、もちろん全ての商品ではなく、私が5年間家具店で働いて数件クレームになった程度です。

また、ソファを手作業で製造しているので、多少のズレなどはあっても仕方ないかなと。

 

小柄な方には座り心地が合わない

小柄な方には座り心地が合わない場合があります。

というのも、輸入ソファなので、日本人の小柄な方にまで合わせて設計されいないからです。

なので、座面の高さが高かったり奥行きが深く、小柄な方だと座って足が地面につかないこともよくあります。

 

革のシワが気になる

革は伸びてシワになるのは自然なことですが、ワタリジャパンのソファは座り心地がやわらかめが多いので、シワが目立ちやすくなります。

というのも、やわらかい分だけ座ると沈み込み、革が伸びるからです。

 

革のシワは本革の風合の1つですが、どうしても気になる方は、硬めのソファもしくは合成皮革や布張りのソファを選ぶことをおすすめします。

 

座面のヘタリが気になる

ヘタらないソファはありませんが、できるだけヘタリを抑えたいのであれば、ワタリジャパンよりもグレードの高いソファを選ぶといいでしょう。

というのも、ソファの価格で耐久性の違いを比較することができるからです。

ソファの価格は、側の生地(本革・合成皮革・布)だけではなく、内部の骨組みやクッション材の質によっても大きく異なりますね。

 

あくまでも私の感覚ですが、5年~10年ほどでヘタってくるかと。

10年以上は使いたい方は、もう1つランクの高いソファを検討してみてもいいでしょう。

 

 

まとめ

以上、ワタリジャパン(HTL)のソファの評判の解説でした。

ワタリジャパンは、世界規模のトップブランドのメーカーなので、実績や信頼性は十分かと思います。

いい評判を振り返ると、以下のとおりです。

・本革ソファといえば『ワタリジャパン』
・本革だけど金額がとにかく安い
・取扱店が多い
・ボリュームがあり高級感がある
・包まれるような座り心地
・中国工場はキレイでした

私が、家具店で5年間勤めましたが、1番販売したくらい人気のメーカですね。

個人的にもワタリジャパンのソファは好きですし、おすすめです。

 

以上、いいリビング生活を!
おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました