ゴルフボールの大きさ・重さの規格について【注意! 飛距離に影響】

ゴルフボールの大きさ・重さの規格について【注意! 飛距離に影響】 ゴルフボール

ゴルフボールの大きさ・重さの規格やルールついて知りたい方へ。

 

ゴルフボールには、たくさんの種類のボールがあるけど、大きさや重さなどの規格に決まりがあるのか、よくわかっていない。

また、大きさや重さは飛距離にどう影響してくるのかあれば、ついでに知りたい。

 

と考えていませんか?

 

本記事では、下記の内容を解説します。

・ゴルフボールの規格【大きさと重さ】
・新発想のゴルフボール【大きいボールと軽いボール!?】

 

この記事を書いている僕は、プロゴルファーを目指したくらいゴルフにはまり、今でも毎月ラウンド、毎週練習しています。

その経験と知識をもとに解説するので、信頼性の担保につながると思います。

 

ゴルフボールの規格【大きさと重さ】

ゴルフボールの規格【大きさと重さ】

球技のスポーツは数多くありますが、自分の好きなボールを選べるスポーツは、ゴルフくらいですね。

ゴルフボールを選べるからこそ、ボールの規格を理解し、自分に合ったボールを選ぶことが重要です。

さっそく、ゴルフボールの規格である、大きさや重さを見ていきましょう。

 

『ゴルフボールの大きさ』規格と飛距離に与える影響

ゴルフボールの大きさは、『直径1.68インチ(42.67mm)以上』と規定されています。

というのも、ゴルフボールが小さければ小さいほど、空気抵抗が小さくなり、飛距離が出すぎるからです。

 

なので、42.67mm以上であれば、野球ボールやサッカーボールのような大きさでも、ルール上は問題ないってことですね。

とはいえ、空気抵抗が大きくなり飛ばないので、42.67mmに近い大きさで作られます。

 

✔︎ 補足:1989年までスモールボールが存在していた

1989年までは、『直径41.15mm以下』のスモールボールといわれるボールがルール上認められていました。
ただ、ゴルフクラブやボールの進化に伴い、1990年以降は現在のラージボールに統一されています。

 

『ゴルフボールの重さ』規格と飛距離に与える影響

ゴルフボールの重さは、『1.62オンス(45.93グラム)以下』と規定されています。

というのも、パワーがあるプレーヤーであれば、ゴルフボールが重ければ重いほど飛距離がでるからです。

 

なので、45.93グラム以下であればルール上問題ないので、極端にいえばピンポン球くらい軽くしてもOKですね。

とはいえ、もちろん軽すぎれば飛距離は出ないので、規格内でできるだけ重い方がいいでしょう。

 

✔︎ 補足:ボールの重さでグリーン上での転がりが変わる

ゴルフボールの重さで、グリーン上のパターでも転がりが変わります。
例えば、下りのラインではボールが重ければよく転がりますし、軽ければ止まりやすくなりますね。
ゴルフボールの重さは、繊細さが必要なパターにも影響を与えるので、より自分に合うボールを選びたいところです。

 

その他の規格

ゴルフボールの規格には、「大きさ」や「重さ」以外にも、公平性を保つための規格制限があるので、合わせて解説します。

 

規格内容は、ぜんぶで5つに分けられます。

・大きさ(直径)
・重さ
・初速制限
・トータル飛距離
・対称性

 

「大きさ」と「重さ」は先ほど解説したので、その他3つを見ていきましょう。

 

初速制限

初速制限は、一定条件で打ったときに『250フィート/秒(76.2m/秒)+ 2%以下』と規定されています。

初速制限がなければ、より反発力のあるゴルフボールを使えば、より遠くへ跳ばせていまいますね。

 

トータル飛距離

飛距離は、ある一定条件で打ったときの「キャリーの距離」+「ランの距離」で規定され、トータル飛距離『317ヤード + 3ヤード以下』と規定されています。

 

対称性

対称性は、打撃位置による飛行特性が一定差以内と規定されています。

ディンプルに細工をして、球筋などを故意に操作することを防ぐためです。

 

新発想のゴルフボール【大きいボールと軽いボール!?】

新発想のゴルフボール【大きいボールと軽いボール!?】

ゴルフボールの飛距離を最大限にするためには、規格内ギリギリまで『大きさは小さく』『重量は重く』するのがセオリーですが、規格とは逆の発想で設計されたゴルフボールがあります。

プレーヤーによっては、規格通りよりも飛距離を出せる場合があるので、チェックしておきましょう。

 

あえて大きいサイズに設計されたゴルフボール

規格からすると、ゴルフボールの直径を小さくすることで、空気抵抗を抑え飛距離を出しますが、あえて大きいサイズに設計されたボールがあります。

 

キャロウェイの『SUPERSOFT MAGNA』です。(※公認球)

キャロウェイの『SUPERSOFT MAGNA』

『SUPERSOFT MAGNA』の直径は約44mmで、同社の通常サイズの「SUPERSOFT」約42.7mmのボールに比べて、約3%も大きいサイズで設計されていますね。

 

ボールの大きさが大きくなることで、空気抵抗は小さいボールよりも大きくなりますが、芯をとらえやすくなり、結果的に飛距離を伸ばすことができます。

というのも、ボールが大きくなることで高重心になり、地面にあるボールでもティーアップしているような打ちやすさになるからです。

 

✔︎ 『SUPERSOFT MAGNA』は以下の方におすすめ

・初心者ゴルファー
・トップしやすい方
・ボールを高くあげたい方

 

 

あえて軽く設計されたゴルフボール

規格からすると、ゴルフボールの重さを重くすることで、運動エネルギーが大きくなり飛距離が出ますが、あえて軽く設計されたボールがあります。

 

ムジークの『コルテオライト39』と『コルテオライト42』です。(※公認球)

ムジークの『コルテオライト39』

規格は45.93グラム以下ですが、「コルテオライト39」は39グラム、「コルテオライト42」は42グラムと軽量で設計されていますね。

 

ボールの重さが軽くなることで、運動エネルギーが小さくなりますが、ヘッドスピードによっては、軽量されたボールの方が飛距離を出すことができます。

というのも、ヘッドスピードが遅い方が、45グラム台のボールを打つと、インパクト時に減速してしまうからです。

「軽いボールは重たいボールより飛ばない」は、ヘッドスピードが早いゴルファーの理屈です!

 

✔︎ 『コルテオライト』は以下の方におすすめ

シニアや女性、ジュニアにおすすめで、ヘッドスピードに合わせて選ぶといいかと。
・ヘッドスピードが37m/s以下のゴルファーは『コルテオライト39』
・ヘッドスピードが42m/s以下のゴルファーは『コルテオライト42』

 

>> コルテオライト39

 

>> コルテオライト42

 

 

まとめ

以上、ゴルフボールの大きさ・重さの規格についての解説でした。

 

ゴルフは自分の好きなボールを選ぶことができるスポーツです。

そのためには、しっかりと規格を知り、その理由まで理解を深めることで、より自分に合ったボール選びが可能となるでしょう。

ぜひ、この機会に自分に合ったゴルフボールを改めて探してみてください。

 

>> ゴルフボールの知識をまとめて知りたい方はこちらをどうぞ。

ゴルフボールまとめ【基礎知識、選び方、おすすめ商品のすべてを解説】
ゴルフボールの全知識をまとめて知りたい方向け。 当記事では、ゴルフボールの『基礎知識(構造や性能)⇨選び方⇨おすすめ商品⇨豆知識』までまとめました。限りなく網羅的にまとめましたので、これからゴルフを始める初心者の人や中級者以上...

 

良いゴルフライフを!
おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました