ゴルフボールのくぼみ『ディンプル』とは?【多ければ良いは間違い】

ゴルフボール

ゴルフボールのディンプルについて知りたい方へ。

 

ゴルフボールを選んでいると、ディンプルっていう表記が必ずあるけど、ちゃんとわかっていない。

あと、ゴルフボールを選ぶときにディンプル数をどのように参考にして選べばいいのか、ついでに知りたい。

 

と考えていませんか?

 

本記事では、下記の内容を解説します。

・ゴルフボールのくぼみ『ディンプル』とは?
・ゴルフボール選びにおけるディンプル数

 

この記事を書いている私は、プロゴルファーを目指していたくらいゴルフにハマり、現在でも毎週の練習と毎月ラウンドしています。

その経験と知識をもとに解説するので、信頼性の担保につながると思います。

 

ゴルフボールのくぼみ『ディンプル』とは?

ゴルフボールの『ディンプル』とは?

ディンプルとは、ゴルフボールの表面のデコボコしたくぼみのことです。

ディンプルはゴルフボールごとによって、形状や大きさ、深さ、数などが異なります。

 

例えば、ディンプルには以下のようなものがあります。

例①:【ミズノ】〜ネクスドライブ〜


引用:ゴルフミズノ公式サイト

・世界最多の566のディンプル数
・通常の大きさのディンプルの隙間を埋めるように極小のプチディンプルが配置されている

 

例②:【KAEDE】〜カエデ〜


引用:KAEDE公式サイト

・ディンプルの形状が通常の丸ではない

 

さまざまなディンプル がありますが、基本的には飛距離を上げるための工夫です。

次に、ディンプルの効果を具体的に見ていきましょう。

 

ゴルフボールのディンプルの効果

先ほども解説しましたが、ディンプルの効果は、ゴルフボールの飛距離を上げることです。

ディンプルなしのツルツルしたボールとありのデコボコしたボールでは、圧倒的にディンプルありのボールの方が飛距離がでるからです。

 

一見、ツルツルしていた方が空気抵抗が少なく、飛距離が出そうですが、ディンプルがあることで『空気抵抗』小さくし、『揚力』が働くので飛距離が出ます。

 

空気抵抗を小さくする

圧力抵抗が小さくなるからです。

圧力抵抗とは、ゴルフボールが飛んでいくときに、正面側の圧力と背面側の圧力の差によって背面側に抵抗が発生します。

ボールが引き戻されようとする抵抗がかかりますが、ディンプルがあることで抵抗を小さくできます。

 


引用:https://pigeon-poppo.com/pressure-drag/

 

上記の図のように、ディンプルあり・なしでは「後流」と書かれている圧力抵抗の大きさが異なります。

ディンプルありのボールの方が圧力抵抗が小さくなっています。

なぜなら、ディンプルがあることで、風がボールにまとわりつくように剥離点が遅くなり、圧力抵抗を押しつぶすようになるからです。

 

揚力が働く

ボールに揚力(上向に働く力)がかかり、飛距離が伸びます。

揚力は、ボールの下側の圧力と上側の圧力との差によって発生します。

 

打ち出されたボールは、バックスピンがかかりながら飛んで行きますが、ボールの下側では空気抵抗の方向とバックスピンの回転が反発し、遅い空気の流れ【高い空気圧】になります。

一方、ボールの上側では空気抵抗の方向とバックスピンの回転が同じ方向に働くので、早い空気の流れ【低い空気圧】になるので、下側と上側の圧力差ができ、揚力が働きボールが上へ上へ上がっていきます。

 

 

ゴルフボール選びにおけるディンプル数

「ディンプル数が多ければ良い」は間違い

ゴルフボールを選ぶ際に、ディンプル数の表記がありますが『数が多ければ良い』ということではないので注意しましょう。

ディンプルの数は、300~400くらいの間の数が一般的ですが、中には600近くあるゴルフボールもあり、種類によってディンプル数の幅があります。

 

ディンプルの数が少なければ、空気抵抗を大きく受け、揚力も弱くなるので飛距離が出ないのは想像できますが、逆にディンプル数が多すぎるとプレーヤーによってはボールが吹き上がりすぎてテンプラのように飛距離が出なくなるからです。

 

ボール選びの際はディンプル数はあくまでもひとつの目安ぐらいで参考にするのが良いかと。

 

ゴルフボールの正しい選び方

ゴルフボール選びで、ディンプル数を参考にするのも良いかと思いますが、正しい選び方はボールの機能が使うプレーヤーに合っているかどうかです。

 

ボールがプレーヤーに合っているかどうかの基準は以下のとおり。

・『ヘッドスピード』選ぶ
・『球筋』で選ぶ
・『プレースタイル』で選ぶ

上記3つの基準でゴルフボールを選ぶことが、自分に合うボールを見つけられます。

正しいボール選びができれば、ディンプル数も含めた自分に合った機能を持つボールを選ぶことにつながるかと。

 

>> 正しい選び方を詳しく知りたい方はゴルフボールの正しい選び方【飛距離のロス・曲がり過ぎが改善!?】をどうぞ。

 

 

まとめ

以上で、ゴルフボールのディンプルの解説でした。

 

ディンプルはゴルフボールの種類によって1つひとつ異なりますが、プレーヤーに合ったボールを選ぶことで、ディンプルの効果を最大限に発揮でき、飛距離アップにもつながります。

ぜひ、自分に合ったボール、ディンプルを選んで、ゴルフを楽しみましょう。

 

>> ゴルフボールの知識をまとめて知りたい方はこちらをどうぞ。

ゴルフボールまとめ【基礎知識、選び方、おすすめ商品のすべてを解説】
ゴルフボールの全知識をまとめて知りたい方向け。 当記事では、ゴルフボールの『基礎知識(構造や性能)⇨選び方⇨おすすめ商品⇨豆知識』までまとめました。限りなく網羅的にまとめましたので、これからゴルフを始める初心者の人や中級者以上...

 

良いゴルフライフを!
おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました