データ通信量とは?目安はどのくらい?【基本・具体例まで徹底解説】

インターネット

データ通信量とは、何か知りたい方へ。

スマホを使っていると、データ通信量を気になったり、通信制限にかかることもあるけど、なんかデータ通信量について、ちゃんとわかっていない。

あと、データ通信量の目安などあれば、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

本記事では、下記の内容を解説します。

1.データ通信量とは?
2.データ通信量の節約術

スマホやタブレット、パソコン、電化製品までインターネットにつながる時代になりました。

いつでも手軽に動画の視聴を楽しめたり、音楽を聞いたり、映画を見たり、ゲームをプレイしたりと、よりデータ通信量を使うケースが増えました。

そこで、この記事では、普段から利用しているけど、意外とよく知らない『データ通信量』について、基本や具体的な目安、節約術などを解説していきます。

1.データ通信量とは?

1-1.データ通信量とは?

データ通信量とは、インターネット回線間でデータを送受信するときの量。

例えば、メールやLINEの送受信でもデータ通信が行われていますし、動画を視聴するのももちろんデータ通信量がかかります。

スマホのプランによっては、データ通信の容量が設定されていますが、その容量を超えると通信制限がかかり、通信速度が遅くなり快適にインターネットは使えなくなります。

データ通信量が設定されていたり、通信制限がある理由は、ネットワークの容量には限りがあるからです。

大容量のデータを使用すると、回線を独占してしまうようになり、通信環境の品質が落ちてしまい、他の利用者も快適にインターネットが使えないケースが出てきます。

1-2.データ通信量の単位

データ量(サイズ)を表す単位は、『バイト(Byte)』が使われます。

バイトの大きさ順と、数値は以下の通りです。

B(バイト) < KB(キロバイト) < MB(メガバイト) < GB(ギガバイト) < TB(テラバイト)
1 KB = 1024 B
1 MB =1024 KB
1 GB = 1024 MB
1 TB = 1024 GB

ちなみに、なぜ「1024」という中途半端な数字なのかは、2進法が使われているからです。

コンピュータは、「0」と「1」の2種類の組み合わせによって情報を表現しています。

1024 = 「2の10乗」であることから、2進法の観点からは、キリのいい数字で一般的に使われています。

1-3.データ通信量の目安

普段から利用することが多い、通信の具体的なデータ通信量の目安を、以下の表にまとめます。

通信内容 通信量 1GBあたり
LINE トーク 1回 2KB 500,000回
メール (300文字) 1通 5KB 200,000回
サイト閲覧(Yahooトップ) 1回 230KB 4,300回
マップ閲覧 1回 730KB 1,400回
LINE 通話 10分 3MB 3,300分
LINE ビデオ通話 10分 50MB 200分
YouTube動画 (360p) 10分 50MB 200分
TikTok動画 10分 90MB 100分
Instagram閲覧 10分 100MB~ 100分~

上記は、データ通信量の目安で、利用状況によって変わりますが、参考にしてみてください。

メールやLINEの文字だけの、データ通信量はほとんど使われないので、あまり気にしなくてもいいかと思います。

ただし、データ容量が大きい画像や動画のあるものは、データ通信量をたくさん使うので、注意が必要です。

例えば、YouTubeを毎日、1日30分視聴した場合は、月で 4.5GB もYouTubeの視聴だけで使ってしまいます

このように1日にどのくらい使うかで、計算していくと普段どのくらいのデータ通信量を使っているのかが具体的にわかります。

2.データ通信量の節約術

データ通信量をできるだけ減らしたい、通信制限にかかりたくないと思っている方は、たくさんいます。

そこで、データ通信の節約術を、紹介していきます。

2-1.設定で簡単に節約

位置情報サービスをオフにする

位置情報の取得には、GPSだけではなくデータ通信も行われています。

通信量も多いので、使わない時はオフにしておきましょう。

また、必要のないアプリも、位置情報を取得している場合もあるので、確認しましょう。

アプリの更新はWi-Fi経由で行う

アプリの更新は、Wi-Fi経由で行う。

スマホのアプリは、常に最新の状態に保つために、状況を確認したり、最新のバージョンにダウンロードするため、データ通信がかかります。

モバイルデータで通信で更新やダウンロードすると、データ通信量を消費してしまうので、自動更新になっている場合は、「Wi-Fi接続時のみ更新」するように設定を変えるとデータ通信量の節約になります。

データ使用の警告の設定

データ通信量の警告設定を行う。

月初からデータ通信をたくさん消費してしまい、月末になると通信制限によくかかってしまう方におすすめ。

データ通信量が一定の数値までくると、警告をしてくれるサービスで、データ通信量の使い過ぎの防止や、ペース配分の参考になります。

動画アプリの設定を見直す

Wi-Fi接続時以外は、低画質モードになるように設定をしておく。

動画の視聴は、モバイルデータ通信量をたくさん消費している原因の一つで、画質を下げることで、データ通信量の消費を抑えることができる。

例えば、YouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflixなど、簡単に設定を変えることができます。

以下にYouTubeの設定変更の写真を参考までに、紹介します。

SNSのデータ通信設定を見直す

LINE(ライン)

・送信する写真の画質を落とす
・写真の自動ダウンロードをオフにする
・動画の自動再生をWi-Fi接続時のみにする

Instagram(インスタグラム)

データ節約モードを有効にする。

動画の自動再生がされなくなったり、画像や動画の画質を落とし、データ通信量の消費を抑えることができる。

Facebook(フェイスブック)

データ節約モードを有効にする。

表示される画像サイズの縮小、動画の自動再生をオフにできる。

Twitter(ツイッター)

データセーバーを有効にする。

表示される画像サイズの縮小、動画の自動再生をオフにできる。

2-2.インターネット回線の利用

データ通信量の節約をしても、データ量が足りない方や速度制限がかかってしまう方は、インターネット回線の利用も検討しましょう。

インターネット回線には、代表的なものに3種類あります。

光回線(固定回線)ポケットWi-Fi、ホームルーターで、それぞれの特徴や価格などは異なりますが、あなたにあったプランを探して、データ通信量を気にせずに、快適なインターネットの利用ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました