通信速度の目安はどのくらい?【インターネットが快適】基本から解説

インターネット

インターネットの通信速度の目安について知りたい方へ。

インターネット回線を検討している、もしくは現在使っていて、通信速度について記載があるけど、よくわからない。

あと、インターネット回線の注意点や選び方があれば、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

 

本記事では、下記の内容を解説します。

1.通信速度の目安
2.通信速度の注意点と選び方

1.通信速度の目安

1-1.快適に使える通信速度の目安

一般的にインターネットをストレスなく快適に使える目安は、『10~30Mbps』程度と言われています。

ちなみにスマートフォンの場合は、5Mbps以上の速度があれば、一般的に快適にインターネットが利用できる。

 

「〇〇Mbps」?と言われてもピンとこないと思います。

「Mbps」の単位の見方などの、通信速度の基礎知識から、具体的な通信速度の例を以下に解説していきます。

 

1-2.通信速度の基礎知識

通信速度の単位

インターネットの通信速度の単位は『bps』(ビーピーエス)で表されます。

「bps」は「Bit per second」の略で、1秒間に何ビットのデータを転送できるか、という意味で、値が大きいほど通信速度が速くなります。

<通信速度の数値>
bps < Kbps(キロ) < Mbps(メガ) < Gbps(ギガ)
1,000bps=1Kbps
1,000Kbps=1Mbps
1,000Mbps=1Gbps

 

「上り」と「下り」とは?

通信速度を表すときに、専門用語の「上り」「下り」の2種類の表現がよく使われます。

  • 「上り」:アップロードの速度
  • 「下り」:ダウンロードの速度

 

「上り」とは、インターネット回線におけるデータをアップロード(送信)することを意味し、「上り速度」とはアップロード時の速度を表します。
例えば、メールの送信やSNSなどへの書き込み、Webサイト投稿、YouTubeの動画アップなどがアップロードです。

 

「下り」とは、反対にデータをダウンロード(受信)することを意味し、「下り速度」とはダウンロード時の速度を表します。
例えば、メールの受信やWebサイトの閲覧、YouTubeやNetflixなどで動画を視聴するのもダウンロードです。

 

1-3.用途別の必要な通信速度の目安

どのくらいの通信速度を確保すればいいのかは、インターネットで使う用途によって、異なります。

そこで、初めに「下り速度」目安を解説します。

 

<用途別の通信速度の目安一覧>

用途 下り速度の目安
メール・LINE 100Kbps~1Mbps
Webサイト・SNS 1Mbps~10Mbps
動画の視聴 5Mbps~20Mbps
スマホオンラインゲーム 10Mbps~30Mbps
PCオンラインゲーム 30Mbps~100Mbps

 

メールやLINEを使う場合

メールやLINEを使うには、100Kbps~1Mbpsあれば問題ありません。

通信制限がかけられた場合でも120Kbpsくらいはあるので、メールやLINEはそれでもなんとか使えるでしょう。

 

WebサイトやSNSを使う場合

WebサイトやSNSの閲覧をするには、1Mbps~10Mbpsあればいいでしょう。

Webサイトでテキスト中心であれば1Mbps、画像や写真が豊富であれば3Mbps以上あれば問題なく閲覧できる。

また、画像や動画が多いSNSでは、10Mbpsあれば問題ないでしょう。

 

動画の視聴

動画の視聴では、5Mbps~20Mbpsが目安ですが、動画の画質によって必要な速度も変わってきます。

ちなみにYouTubeでは下記の速度を推奨しています。

動画の解像度 推奨される持続的な速度
4K 20 Mbps
HD 1080p 5 Mbsp
HD 720p 2.5 Mbps
SD 480p 1.1 Mbps
SD 360p 0.7 Mbps

 

スマホオンラインゲーム

スマホのオンラインゲームは、10Mbps~30Mbpsが目安です。

通信量がおおく、複数人のアクセスが同時に集中するオンラインゲームは、動画視聴よりも通信速度が必要になります。

 

PCオンラインゲーム

PCオンラインゲームは、ゲームの種類にもよりますが、ゲームデータのダウンロードや更新データのダウンロードを考えると、通信速度は早ければ速いほど快適にプレイできます。

通信速度の目安は、30Mbps~100Mbpsですが、100Mbps以上の速度が出ればどんな種類のゲームでも心配なく快適にプレイできるでしょう。

ただし、オンラインゲームの場合は通信速度だけではなく、Ping値も重要です。

 

2.通信速度の注意点と選び方

2-1.通信速度の注意点

通信速度の目安が分かったところで、それを元にインターネット回線業者を選んで行くのですが、選ぶ際の注意点があるので解説します。

通信速度は一定ではない

通信速度は、住宅やエリア、使用時間によって変化するもので、一定ではありません

例えば、多くの人がインターネットを利用する休日や夜間の時間帯などは、通信速度が低下してしまうことがあります。

通信速度が速く、余裕のある回線であれば、より快適にインターネットが利用できる。

 

インターネット回線業者の表示は最大通信速度

インターネット回線業者のホームページなどで表示されている速度は、最大通信速度で表示されています。

最も最適な環境で計測された速度なので、回線業者が提示している速度そのまま出せることはありません。

実際の通信速度の目安としては、光回線では3割~6割ほどと言われています。

 

2-2.インターネット回線の選び方

インターネット回線の通信速度の比較

インターネット回線には、主に『光回線』『モバイル回線』に分けられます。

 

その2種類の中でも人気のある回線業者を厳選した上で、通信速度を比較します。

回線 サービス名 下り最大速度
光回線 ドコモ光 1Gbps(1,000Mbps)
光回線 ソフトバンク光 1Gbps(1,000Mbps)
光回線 auひかり 1Gbps(1,000Mbps)
光回線 So-net光プラス 1Gbps(1,000Mbps)
光回線 NURO光 2Gbps(2,000Mbps)
モバイル docomo
(HW-01H)
788Mbps
モバイル SoftBank
(601HW)
612Mbps
モバイル au
(W05)
558Mbps
(LTE利用時:708Mbps)
モバイル Y!mobile
(603HW)
612Mbps
モバイル UQ WiMAX
(W05)
558Mbps
(LTE利用時:708Mbps)

通信速度を比較してみると、『モバイル回線』よりも『光回線』の方がより高速です。

ただ『モバイル回線』も十分な通信速度があることもわかります。

 

次に『光回線』か『モバイル回線』のどちらを選べばいいのか、目安を解説していきます。

 

インターネット回線の選び方

通信速度の違いもふまえて、『光回線』『モバイル回線』のどちらの方がいいのかを簡単にまとめていきます。

『光回線』

『光回線』がおすすめな人

・家族など複数人で利用したい人
・通信量を気にせず無制限で利用したい人
・オンラインゲームを遅延なくプレイしたい人
・高画質の動画の視聴をする人
・大容量のデータのやり取りをする人

『光回線』の特徴は、通信速度が高速なこと、通信容量が無制限なことです。

大容量のデータでも、サクサク利用できるし、通信容量を気にしなくてもいいので、ストレスなく快適にインターネットを利用できる。

 

『光回線』がおすすめじゃない人

・外でも利用したい人
・できるだけ早く利用したい人
・転勤や引っ越しをよくする人
・料金を少しでも安くしたい人

『光回線』は、電柱から宅内にケーブルを引っ張ってくる回線工事が必要で、開通までに1ヶ月程度かかります。

引っ張ってきた回線を、ケーブルでつないでおく必要があるので、モバイルWi-Fiのように、外へ持って運べるものではありません。

 

『ポケットWi-Fi』(モバイル回線)

『ポケットWi-Fi』がおすすめな人

・外でも利用したい人
・料金を安くしたい人
・できるだけ早く利用したい人

『ポケットWi-Fi』は充電式でケーブルが不要なので、外でも持ち運びができ、どこでもWi-Fiを利用できます。

契約後の2,3日で郵送してくれたりと、利用をすぐに始めることができる。

料金は、『光回線』よりも比較的やすい価格設定。

 

『ポケットWi-Fi』がおすすめじゃない人

・通信制限が気になる人
・オンラインゲームで遅延なくプレイしたい人
・大容量のデータ通信をする人

『ポケットWi-Fi』には、短期間での制限がかかる場合が多く、一般的に近日3日間で〇〇GBまでなどの制限が設けられていることがあります。

大容量のデータのやり取りや、オンラインゲームを遅延なくプレイしたい人にとっては、通信速度が遅く、快適に利用できない場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました