ドコモ光タイプAとタイプBの違いとは?【契約前に知っておきたいこと】

インターネット

ドコモ光のタイプAとタイプBの違いを知りたい方へ。

ドコモ光のプラン選びで迷っているけど、タイプAとタイプBの違いを、ちゃんと分かっていない。

あと、どっちのタイプやプロバイダがおすすめなのかも、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

本記事では、下記の内容を解説します。

1.ドコモ光のタイプAとタイプBの違い
2.おすすめのプロバイダは?

この記事を書いている私は、ドコモ光を利用していて、ドコモ歴が10年以上のヘビーユーザーです。その経験をもとに解説するので、信頼性の担保につながると思います。

1.ドコモ光のタイプAとタイプBの違い

ドコモ光のタイプには「タイプA」「タイプB」の他にも「タイプC」「単独タイプ」などもありますが、この記事では、最も人気で一般的な『タイプA』『タイプB』の違いについて解説します。

1-1.タイプAとタイプBの違いは2つ

タイプAとタイプBの違いは、『月額料金』『プロバイダ』の2つです。

特別な理由やこだわりがなければ、基本的に『タイプA』を選んでおけばいいでしょう。

とは言っても「タイプA」と「タイプB」の違いは、気になると思うので解説していきます。

1-2.タイプAとタイプBの料金の違い

「タイプA」と「タイプB」は月額料金が200円違い、年で2,400円も違ってきます

いっけん少額に感じるかと思いますが、長期間利用するものなので、とても大きな差です。

それぞれの月額料金は、以下の通りです。

戸建て マンション
タイプA 5,200円/月 4,000円/月
タイプB 5,400円/月 4,200円/月

※税別 / 2年定期契約

200円の違いってなに?と考えていませんか?

200円の差は、タイプBのプロバイダ会社の採算などの都合による差です。

ドコモ光の回線自体は同じものを使っているので、品質的・技術的な違いではありません。

回線自体は同じであれば、もちろん毎月200円も料金が安い『タイプA』の方がいいですね。

1-3.タイプAとタイプBのプロバイダ違い

「タイプA」と「タイプB」で選べるプロバイダの数や会社が違います。

プロバイダの数は

・タイプA:18社
・タイプB:6社

の違いがあり、その中から好きなプロバイダを選ぶことができます。

たくさんのプロバイダがあるけど何が違うのかというと、「Wi-Fiルーターの無料レンタルサービス」「レンタル機器の性能」「アフターサービスの充実性」などのサービスの違いがあります。

タイプAとタイプBのプロバイダの会社の種類は、以下の通りです。

タイプA【18社】 タイプB【6社】
GMOとくとくBB OCN
ドコモnet @TCOM
plala TNC
@nifty WAKWAK
DTI AsahiNet
BIGLOBE @ちゃんぷるネット
andline
hi-ho
tigers-net.com
SIS
エディオンネット
ic-net
excite
SYNAPSE
楽天ブロードバンド
TiKiTiKi
COARA
@ネスク

『タイプA』の方が、選べるプロバイダの会社が多いので、選択肢が広がります。

また、タイプAとタイプBのプロバイダ自体のサービス内容を比較しても、『タイプA』の方が優れています。

タイプA とタイプBを比べると、月額料金が200円も安く、プロバイダのサービス内容が充実している『タイプA』を選ぶのがいいでしょう。

ただしタイプBを選ぶ方が都合がいい、ケースもあります。

そのケースとは、他社回線からドコモ光に乗り換える場合、現在利用しているプロバイダがタイプBに属していると、プロバイダを解約することなく引き継げます。

引き継げることのメリットとしては、例えばプロバイダに紐づいたメールアドレスをそのまま利用できます。

2.おすすめのプロバイダは?

2-1.タイプAのプロバイダ18社の比較

比較項目は4つ

①ドコモ光とは別のプロバイダ独自のキャッシュバックキャンペーンがあるか?
②Wi-Fiルーターは無料でレンタルできるのか?
③無料でセキュリティーサービスがついているか?
④高速通信ができるv6に対応しているか?

タイプAのプロバイダ18社の比較表は以下の通りです。

独自の
キャッシュバック
Wi-Fiルーター
無料レンタル
セキュリティ
サービス
v6プラス
対応
GMOとくとくBB 20,000円
@nifty 20,000円
DTI 20,000円
plala 15,000円
ドコモnet
BIGLOBE
andline
hi-ho
ic-net
SIS
楽天ブロードバンド
tigers-net.com
SYNAPSE
excite
エディオンネット
TiKiTiKi
COARA
@ネスク

2-2.18社の中でおすすめのプロバイダは?

18社の中から厳選して、おすすめ2社のプロバイダを解説します。

『GMOとくとくBB』

GMOとくとくBBがおすすめな理由は

・最高水準のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる
・最大20,000円のキャッシュバックキャンペーン
・プロバイダ部門オリコン顧客満足度第1位

『GMOとくとくBB』の最大の特徴は、最高水準のWi-Fiルーターが無料でレンタルでき、他のプロバイダと比べて、圧倒的な高速通信が可能です。

ただし、キャッシュバックに関しては最大が20,000円と高額には間違いないのですが、条件付きになります。

ドコモ光の映像サービスのオプションをつけると、最大で20,000円キャッシュバックされますが、オプションなしの場合は5,500円のキャッシュバックになります。

18社の中でもキャッシュバックキャンペーンをしているのはわずか4社で、もらえるだけでもだいぶお得です。

さらに、顧客満足度が高いことも長く利用するものなので、安心して利用できるでしょう。

『@nifty』

@niftyがお勧めな理由は

・オプション加入なしでも20,000円のキャッシュバック
・Wi-Fiルーターの無料レンタル・セキュリティの充実性

『@nifty with ドコモ光』の最大の特徴は、オプション加入なしでも、無条件で20,000円のキャッシュバックがもらえるところです。

その他にも、サービスは充実していて、無料でWi-Fiルーターをレンタルできたり、セキュリティサポートも充実しているので安心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました