【危険性をゼロに】次亜塩素酸水を安全に噴霧するための注意点

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水を安全に噴霧するための注意点を知りたい方へ。

次亜塩素酸水を加湿器を使って安全に噴霧したいけど、注意点とかちゃんとわかっていない。

あと、安全に次亜塩素酸水を加湿器で噴霧できる商品があれば、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

本記事では、下記の内容を解説します。

1.次亜塩素酸水を安全に噴霧するための注意点
2.次亜塩素酸水を加湿器を使って噴霧できるおすすめ商品

世の中的に次亜塩素酸水の噴霧が注目され始め、一般の家庭や会社、飲食店などでも見る機会が多くなりました。

ただし、一般家庭に普及し始めたのは最近なので、使用方法が正しく行われていないケースもあるみたいで、安全性の確保や効果を発揮できていないことを防ぐために、この記事では『次亜塩素酸水の噴霧に関する注意点』をまとめました。

1.次亜塩素酸水を安全に噴霧するための注意点

次亜塩素酸水を加湿器を使って噴霧する際の注意点を4つでまとめました。

・次亜塩素酸ナトリウムの噴霧は危険!
・噴霧する際の次亜塩素酸水の濃度
・噴霧できる次亜塩素酸水を選ぶ
・次亜塩素酸水対応の加湿器を使用

順に解説していきます。

1-1.次亜塩素酸ナトリウムの噴霧は危険!

次亜塩素酸水ではなく次亜塩素酸ナトリウムでの噴霧は危険なので、間違わないようにしましょう。

次亜塩素酸ナトリウムは、強アルカリ性で人体や環境に有害なので、決して空間に噴霧してはいけません。

>>次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いを詳しく知りたい方は【間違えると危険】次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いをどうぞ。

 

1-2.噴霧する際の次亜塩素酸水の濃度

噴霧する際の次亜塩素酸水の濃度は50ppmを目安に使用しましょう。

高濃度のものだと400ppm前後の商品も販売されていますが、空間に噴霧させる場合には、低濃度でより安心して使用できるようにするためです。

※高濃度の商品を購入した場合は、50ppmになるようにしっかり希釈して使用しましょう。

毎回、希釈するのが面倒であれば、もともとメーカーで50ppm程度に濃度を調整されている商品を購入すると楽です。

>>次亜塩素酸水の濃度別の他の用途も知りたい方は次亜塩素酸水の濃度別に用途を表でまとめました【濃度選びの目安】をどうぞ。

 

1-3.噴霧できる次亜塩素酸水を選ぶ

加湿器で噴霧使用可能と表記のある、次亜塩素酸水の商品を選ぶ方が良いかと思います。

次亜塩素酸水の商品の中には、噴霧して使用することを想定せずに作られているものもあり、人体に有害な成分が含まれている可能性があるからです。

 

1-4.次亜塩素酸水対応の加湿器を使用

次亜塩素酸水に対応していない加湿器を使用してしまうと、噴霧される前に次亜塩素酸水の分解が進み、除菌・消臭効果が減少してしまう可能性があることと、加湿器自体の故障の原因になる場合もあるからです。

加湿器を選ぶ際には、「次亜塩素酸水対応」の表記のある商品を選びましょう。

2.次亜塩素酸水を加湿器を使って噴霧できるおすすめ商品

次亜塩素酸水で加湿器を使ったおすすめ商品は以下のとおり。

除菌水ジーア ※プレゼントキャンペーン実施中
ジアニスト ※Amazon売れ筋ランキング第1位(除菌部門)

上記2つの商品の詳細・比較は【安全性を優先】次亜塩素酸水対応の加湿器を使ったおすすめ商品2選の記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました