次亜塩素酸水の『水に戻る』性質とは?|安全な理由が理解できる

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水の「水に戻る」性質について知りたい方へ。

「水に戻る」性質があることは聞いたことがあるけど、なぜそうなるのか、よくわかっていない。

あと水に戻るのに、次亜塩素酸水の除菌や消臭の効果があるのかも、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

本記事では、下記の内容を解説します。

・次亜塩素酸水が水に戻る理由
・次亜塩素酸水は不安定な物質
・次亜塩素酸水が除菌・消臭できる仕組み
・次亜塩素酸水の特徴

最近より注目されている次亜塩素酸水ですが、人体や環境に安全かつ除菌・消臭効果があることは知っている方も多くなってきました。

ただ、なぜ次亜塩素酸水が安全性が高く、除菌・消臭効果があるのかまで詳しく説明できる人は少ないでしょう。それには、次亜塩素酸水が『水に戻る』という性質から説明できるので、この記事で解説していきます。

1.次亜塩素酸水の『水に戻る』性質

1-1.次亜塩素酸水が水に戻る理由

次亜塩素酸水は、次亜塩素酸が水に溶けているものです。次亜塩素酸は不安定な物質で有機物の触れるとすぐに分解が始まり、塩酸に変わります。

塩酸は乾くと空気中に飛んでいくので結果として有害な化学成分が全く残らないことから、次亜塩素酸水は『水に戻る』と表現されています。

※塩酸は高濃度であれば、もちろん人体にも有害になりますが、次亜塩素酸水自体の濃度がもともととても薄いものなので、塩酸の濃度も低く人体に安全であるといえます。

 

1-2.次亜塩素酸水は不安定な物質

次亜塩素酸は、とても不安定な特徴を持っています。

不安定な物質は、早く安定した物質に変わろうとするため、有機物に触れるとすぐに反応し変化します。

すぐに反応し変化することが次亜塩素酸水の特徴で、安全性が高いとも言われる理由です。

 

1-3.次亜塩素酸水が除菌・消臭できる仕組み

不安定な物質だからこそ、除菌や消臭の効果があります。

次亜塩素酸がウイルスや菌、臭いのもとなどに触れることで、次亜塩素酸ももちろん反応して変化しますが、ウイルスや菌も同時に別の物質に変化させられ、不活性化したり死んでしまうので、除菌・消臭効果が発揮される仕組みです。

 

2.次亜塩素酸水の特徴【メリット・デメリット】

「水に戻る」性質を持つ不安定な次亜塩素酸水だからこその特徴を、合わせて解説します。

2-1.次亜塩素酸水のデメリット

汚れにも反応し分解されてしまう

有機物に触れるとすぐに反応してしまう特徴のため、菌やウイルスに反応する前に、表面に汚れがあれば、先に汚れに反応し変化してしまいます。

例えば、手を次亜塩素酸水で除菌する際は、手をしっかり洗って汚れを落としてから、最後の仕上げに次亜塩素酸水を使うと手あかなどの汚れに反応せずに、しっかり除菌効果を発揮できます。

※次亜塩素酸水の除菌・消臭効果を最大限に発揮するためには、表面の汚れを落とすことが大事です。

長期保存には向かない

不安定な物質なので、生成されてからも徐々に分解が始まります。

アルコールは使用期限が長いのに対して、次亜塩素酸水は商品にもよりますが3ヶ月前後の使用期限が目安です。

また、紫外線や高温にも反応して分解が進んでしまうので、保管場所は直射日光が当たらない冷暗所での保管が適しています。

2-2.次亜塩素酸水のメリット

肌に優しい

水に戻る性質があるので、肌にも優しく、手の除菌に頻繁に使用しても手が荒れにくいです。

アルコールと比べて、刺激が少ないので、肌荒れしやすい方にはオススメ。

除菌効果が高い

除菌効果が高いのも特徴の1つです。

アルコールには除菌が難しいノロウイルスに対してなどにも除菌効果があり、さまざまなウイルスや菌に対して有効なことが、公的な研究結果で証明されています。

空間除菌も可能

人体や環境に安全性の高い次亜塩素酸水であれば、加湿器を利用して噴霧させ、空間除菌をすることもできます。

空間全体を隅々まで除菌・消臭できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました