予測不可能な結末『沈黙のパレード』あらすじと感想【ネタバレ注意】

東野圭吾の作品『沈黙のパレード』のあらすじ・感想を知りたい方向けです。

予測不可能な衝撃の結末が待っています・・・。
最後の数ページで、想像する予想を遥かに超えて、3回くらい予想をひっくり返されました。
最後まで、目が離せない素敵な作品でした。

前置きはさておき、あらすじを見ていきましょう。

『沈黙のパレード』のあらすじと感想

『沈黙のパレード』のあらすじ

田舎町の居酒屋「なみきや」の看板娘である並木佐織が突然行方不明になり、その3年後遠く離れた静岡県で遺体として発見される。

並木佐織は、アイドルのような容姿で、歌もうまく将来プロの歌手として活躍できるであろう才能の持ち主だったのに・・・。

 

容疑者に上がったのが蓮沼寛一という男で、なんと23年前にも殺人容疑で起訴されていたが無罪の判決が下された経歴がある。

今回の事件でも、蓮沼寛一が犯人であることは間違いなさそうだが、決定的な証拠がそろわず今回も無罪の判決が下り釈放されてしまった。

 

釈放された蓮沼寛一は、何を考えているのか被害者である「なみきや」に来店し、容疑をかけられたことに逆上し、遺族に対して損害賠償を求めるなど、非常識極まりない行動をしてきた。

もちろん、遺族の怒りはこみ上げ、そこから復讐劇が動き出す・・・。

並木佐織をしたっていた歌の先生や当時付き合っていた彼氏、「なみきや」の常連のお客、父親の親友など、町全体の人が関わる壮大な復讐劇がくり広げられる。

 

多くの人が関わり、巧妙に仕組まれたトリックによって事件の捜査は難航。

しかし優秀な刑事とともに、アメリカ帰りの湯川教授(ガレリオ先生)が謎を次々と解明していく。

 

並木佐織を殺害したのは誰なのか?蓮沼寛一を殺害したのは誰なのか?

衝撃の結末が待っています・・・。

 

『沈黙のパレード』の感想

読んでいるうちに気持ちがのめり込んでいくような作品でした。

蓮沼寛一に関しては、非人道的すぎて逮捕もしくは殺害されてしまえとも思ったくらいだし、並木佐織をしたっていた町のみんなに関しては復讐したことがばれなければいいなとも思いました。

ただ、湯川は違いますね・・・。

物理学者として真実を正しく解明しつつも、警察側にも並木佐織の関係者にも配慮された心遣いをしていて、不思議な人ではあるが同時に素晴らしい人でもあると感じました。

登場人物がたくさん現れ、一人ひとりの事件に対する見方が異なり、それぞれの気持ちが詳細に感じられました。

 

また、『容疑者である蓮沼寛一』と『並木家をはじめとする町の人々』、『警察と湯川教授』の3つの関係性や対立が面白く描かれています。

最後の、並木佐織を殺害した犯人、蓮沼寛一を殺害した犯人は誰なのか、再度の最後までまったく予想できず、とても楽しかったです。

 

まとめ

東野圭吾のガリレオシリーズの最新版です。

6年ぶりに再始動された長編小説で読み応えがあります。

400ページ以上のボリュームですが、初めから引き込まれて最後までしっかり楽しむことができるかと。

この機会にぜひ読んでみてください。

 

良い読書体験を!
おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました