『ブログネタがない』という悩み、たった1つの方法で解決【超簡単】

ブログ

ブログのネタを見つける方法を知りたい方へ。

現在ブログを運営しているけど、ネタがなくて、なかなか記事が書けない。

あと、アクセスを集められるネタ選びとかがあれば、ついでに知りたい。

と考えていませんか?

 

本記事では、下記の内容を解説します。

・ブログネタに悩んでない人との違い
・『ブログネタがない』をたった1つの方法で解決
・ひと工夫でアクセスアップもできるネタ選び

 

この記事を書いている私は、ブログを毎日書く生活を200日以上つづけています。

本記事で紹介する方法でネタ探しを始めてからは、ネタ切れになることもなく、これから先もネタがないと困ることはないかと。

その経験をももとに解説するので、信頼性の担保につながると思います。

 

『ブログネタがない』という悩み、たった1つの方法で解決

ブログネタに悩んでない人との違い

ブログネタを見つける方法の前に、ブログのネタ探しに悩んでいる人と悩んでない人の違いを説明させてください。

ブログネタを悩む本質が見えてくるかと。

 

ブログネタがないと悩んでいる人と悩んでない人の違いは以下のとおり。

・悩んでいる人:自分が書きたいことを記事にしている
・悩んでない人:読者が知りたいことを記事にしている

上記のように、悩む人は自分が書きたいことを探して記事にしようとするので、もちろん数に限りがあるかと。

一方、悩んでない人は数え切れないくらいの読者が、それぞれに知りたいことなので、数は無限ですね。

 

✔︎読者が知りたいことをブログネタにするメリット

読者が知りたいことをブログのネタにすることで、ネタ切れにならないことの他にもメリットがあります。

メリットは、需要がある記事がかけるので、アクセス数が上がり、成果が出やすいことです。

当たり前ですが、需要がなければどんなに頑張って書いたブログでも読まれません。

ブログを運営していく上で、成果を少しでも出したいと思っているのであれば、ブロガーとして読者のために書いていく方がいいですね。

 

『ブログネタがない』をたった1つの方法で解決

『ブログネタがない』という悩みを解決する方法は、ラッコキーワードを使うことです。

なぜなら、ブログのネタとなるキーワードがほぼ無限に出てくるからです。

 

例えば、「ブログ」というキーワードを入れてみましょう。

入力後、検索した結果は以下の画像のとおり。

ブログに関連した、複合キーワードが一覧となって表示されます。

2語の複合キーワードだけで500以上あり、さらに細分化もできます。

 

ラッコキーワードに2語を入れて検索してみましょう。

2語のキーワード「ブログ おすすめ」を入れると、以下の画像のとおり。

「ブログ おすすめ」に関連した3語の複合キーワードが数百以上さらに出てきましたね。

 

これらすべてが、ブログネタになるので、ほぼ無限なので、ラッコキーワードを使えば『ブログネタがない』という悩みは解決できるかと。

 

※補足:一覧のキーワードすべて書かなくてオッケー

ラッコキーワードで出てきたキーワードの中には、似たようなキーワード含まれるので、その場合は記事の内容が重複してしまうので書かなくてオッケーです。

また、自分が書くことが難しいと思うキーワードも初心者のうちは無理に書かなくてOKですね。

キーワード一覧を見てみて、書けそうなキーワードから書いていくのもいいかと。

 

※補足:2語か3語どっちを選んで記事を書けばいい?

結論はどちらでも大丈夫です。

ただ、初心者の方は3語のキーワードを選んだ方が良いかと。

2語より3語の方が、記事の内容が明確になるのと競合となる記事が少なく上位表示できる可能性が高くなるからです。

もちろん、2語で上位表示すれば大きなアクセス・収益は期待できます。

ブログに慣れていない初心者は、3語キーワードを中心に書いていけば、成果を早く実感できブログ運営のコツも掴めてくるのでおすすめ。

 

ひと工夫でアクセスアップもできるネタ選び

ラッコキーワードを使いつつ、ブログのネタを決める際にもうひと工夫することで、アクセスアップできる方法を合わせて解説します。

キーワードプランナーを使う

キーワードの候補が決まったら、キーワードプランナーも合わせて使うと良いかと。

なぜなら、検索ボリュームが確認できるからです。

検索ボリュームとは、ユーザーがそのキーワードで月にどのくらい検索したかがわかります。

 

以下は、実際に「ブログ おすすめ」で検索してみた画像です。

検索ボリュームを確認することで、検索上位に記事がのれば、どのくらいのアクセスが期待できるか分かります。

また、まったく検索されていないキーワードを選ばないためにも、キーワードを決定する前に確認しておくと良いでしょう。

 

※補足:初心者が選ぶべき検索ボリューム数

検索ボリューム 評価 理由
1万~ 競合が強い可能性が高い
1000~1万 チャレンジしてみても良いかと
100~1000 最適、上位を狙えアクセスも多い
10~100 意外と狙い目、アクセスも100以上集まることもある
0~10 × 検索されないので書いてもほぼ意味なし

上記の表は、あくまでも目安ですがブログ初心者であれば、10~1000くらいの検索ボリュームを狙ってみるのがおすすめ。

 

キーワードで実際に検索してみよう

ラッコキーワードでキーワード候補が決まったら、実際に検索窓で検索してみると良いかと。

なぜなら、ライバルとなる競合の記事を確認しておくためです。

 

もし、検索上位に質の低い記事があったり、無料ブログがあれば、検索上位を狙える可能性が高いので記事を書きましょう。

反対に、競合の記事が強いと感じた場合は、引くのもひとつの手です。

ただ、書いてみないことには検索順位がどうなるかは分からないので、チェレンジしてみるのもありかと。

 

また、実際にキーワードで検索することで、どんな内容の記事が読者に読まれているのかが見えてくるので、記事を書く際に参考になるし、読者のニーズを抑えた記事が書けるので検索上位に上がりやすいかと。

 

まとめ

以上で、ブログネタを見つける方法の解説でした。

『ブログネタがない』と悩んでいる方は、自分が書きたいことを記事にするのではなく、読者が知りたいことを記事にすることで、ネタはほぼ無限に出てくるかと。

 

具体的な方法はとしてラッコキーワードを使えば、悩みは解決ですね。

ブログのネタ探しに困らなくなれば、あとはどんどん記事を書いていくだけです!

 

良いブログ生活を!
おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました