ゴルフスイングでタメを作る〜タメを体で感じる〜【あせりは禁物】

ゴルフスイングでタメを作る方法を知りたい方へ。

タメを作ってスイングしたいけど、全然タメを作ることができない。

と悩んでいませんか?

本記事では、下記の内容を解説します。

ゴルフスイングでタメを作る方法
1.力まない
2.腕でクラブを持ち上げない
3.テイクバックで体の重心を残す
4.腕を下ろす方向
5.タメを体で感じる

この記事を書いている私が、実際に意識して取り組んでいる内容で、そのスイング動画も最後にあるので参考までにみてみてください。

1.ゴルフスイングでタメを作る方法

ゴルフスイングでタメを作る方法を、5つの項目で順に解説していきます。

1-1.力まない

タメを作るには、力まないことが重要です。

タメが作られるためにはクラブが自然と遠心力が働いて動く必要があり、力んでしまうとクラブの自然の動きに逆らってしまうからです。

特にグリップを強く握ると、クラブがうまく動かなくて、腕とクラブがスイング中ずっと直線で棒のようになって、タメを作れません。

1-2.腕でクラブを持ち上げない

テイクバックの始動で、腕でクラブを持ち上げないように気をつける。

先ほどの力まないと似ていますが、腕でクラブを持ち上げるということは腕の力で無理やりクラブを操作しているので、クラブが自然の動きではなくなるからです。

遠心力を働かせるためには、クラブが体から離れていくように、体とクラブが距離が遠いことが必要で、腕で持ち上げてしまうと、クラブが体に近づいてきてしまうので効率的な遠心力が働かなくなります。

1-3.テイクバックで体の重心を残す

テイクバックの時に、腕につられて体が右(右利きの場合)に移動しないように、体の重心は残すことを意識する。※体重移動は行う

テイクバックで、せっかく遠心力が溜まっていくところで、体も腕についていくと遠心力が弱まります。

腕と一緒に体も回転してしまうと、バックスイングでクラブが走らなくなります。

1-4.腕を下ろす方向

切り返しすときに、腕を下ろす方向は『右下』に下ろすイメージ。

ボールにあてに行きたくなって、ボールの方向に腕を振りに行きがちですが、そうするとせっかくトップに上がったクラブがすぐに倒れてしまい、タメができなくなります。

タメを作るためには、常に体の遠くでスイングするので、右下方向に腕を下ろすことで、クラブがタマり続け、インパクト時にハンドファーストで高エネルギーを発揮できる。

1-5.タメを体で感じる

タメを体で感じることが大事です。

切り返しの時点で、腕が止まってクラブだけが反動で動き続けていることを感じます。

よくやってしまいがちなのは、クラブのタメがたまり切る前に、ボールにあてに行こうとすることです。

クラブのタメが作られようとしているところで、タイミング関係なく、無理やりクラブをボールに向かって振ろうとすれば、もちろんタメは作られません。

2.練習動画

以下は、私自身のタメを意識して練習している動画です。

まだまだですが、練習を重ねて少しずついい良い自然なインングにしていきたいと思います。

ゴルフスイングでタメを作る〜タメを体で感じる〜【あせりは禁物】

 

<天気予報公式サイト>
ウェザーニュース
Yahoo天気!

コメント

タイトルとURLをコピーしました